動画広告を再生するiPadを取り付けたリュックを背負って歩くだけで稼げる、というサービス「Stchar !(ストチャー!)」のサービスが、6月4日から開始されます。

渋谷を歩くと報酬がもらえる

Wanna Technologiesは5月30日、「Stchar !(ストチャー!)」の正式サービスを6月4日から開始すると発表しました。同サービスは、2021年末からベータ版として試験サービスを実施していました。
 
「Stchar !」は、動画広告を再生したiPadを専用バッグに取り付けて歩くと報酬が受け取れるサービスです。
 
当初の対応地域は東京・渋谷のハチ公像を中心とした半径500メートルで、順次拡大予定とのことです。商業施設などの私有地に入る場合は広告動画の再生を一時停止する必要があります。
 
活動可能な時間帯は、休日の午後5時〜午後9時の4時間です。放映する広告の在庫により変動します。雨天中止です。

iPadを専用バッグに入れて歩くだけ

「Stchar !」を利用するには、iPadと専用アプリ、専用バッグ「Stchar !バッグ」が必要です。バッグは先着順で無料配布されていますが、本稿執筆時点では売り切れとなっています。
 
「Stchar !」に対応するiPadは、iOS13以降に対応したモデルですが、iPad mini、12.9インチiPad Proは専用バッグにサイズが合わないため使用できません。
 

 

報酬は1時間に最大1,200円

広告を再生した数に3円〜5円をかけた金額が報酬となります。Wanna Technologiesは1時間に約700円〜1,200円稼げると説明しています。人通りの多い箇所を歩くと報酬が増えるとのことです。
 
報酬はデジタルウォレットアプリ「Kyash」に出金することで、即日利用可能になります。
 
Wanna Technologiesでは、iPadと専用バッグを無料で貸し出すイベントを定期的に渋谷で開催予定、詳細は公式Twitterで告知すると案内しています。
 

 
 
Source:Wanna Technologies/PRTimes
(hato)