後藤正幸氏

写真拡大 (全3枚)

 一時は無観客開催にしながらも休むことなくレースを続け、コロナ禍の中でも売り上げを伸ばした日本中央競馬会。その背景には、家で競馬が楽しめる環境を用意し、馬券購入でも多様な方法を導入するなど工夫があった。いまや日本は世界的な「競馬大国」となったが、それを維持していくには何が必要か。

 ***

佐藤 日本中央競馬会(JRA)は、コロナ禍の中でも毎週競馬を続け、売り上げも伸びたそうですね。

後藤 はい、大変ありがたいことです。一昨年1月、ダイヤモンド・プリンセス号で集団感染が発生してから、あらゆる娯楽が消えていきました。プロ野球はキャンプができなくなって開幕が遅れ、サッカーのJリーグも休まざるを得なくなった。またディズニーランドなどテーマパークは軒並み休園し、さまざまなコンサート、公演も中止になりました。その中で私どもは、何とか休むことなく、毎週、競馬を行うことができました。

後藤正幸氏

佐藤 当時は、いまから見れば感染者は多くありませんが、状況は相当に緊迫していました。

後藤 ですので、私どもも2020年2月29日から約7カ月間は無観客で開催しました。それでも参加してくださるお客様が増えました。

佐藤 いま、年間にどのくらいレースが行われているのですか。

後藤 週末を中心に年間288日です。1日12レースを行いますから、1年で3456レースになります。

佐藤 それがすべて行われたのですね。

後藤 常時4千頭くらいの馬がJRAの施設内の厩舎にいて、1レースには平均14頭の馬が出ます。その馬の世話をする厩務員、調教をする調教師や調教助手、レースで騎乗する騎手など、競馬のレースには多くの人間が携わっており、彼らがそれぞれ健康に気を配り、集団感染を起こすことなく、競馬事業を続ける環境を維持してくれました。

東京・日比谷の日本中央競馬会本部で

佐藤 娯楽が消えた中で毎週開催された競馬は、エンターテインメントとしての存在感が増しましたね。

後藤 やはり家の中で競馬を楽しむ人が増えたことが大きいと思います。無観客開催でも競馬を楽しむ手立てはあり、レース自体は各テレビ局の競馬中継やJRAのオフィシャル放送である「グリーンチャンネル」でご覧いただけますし、馬券は、電話投票やインターネット投票でも買うことができます。

佐藤優氏

佐藤 以前から馬券購入にはさまざまな仕組みを導入されてきたそうですね。それが功を奏した。

後藤 いまは生活が多様化し、土日だけが休みではありませんし、勤務時間も9時から5時と決まっているわけではありません。だから少しでもオプションを増やしたほうがいいと考えてきました。競馬場やウインズ(場外勝馬投票券発売所)等では、キャッシュレス投票用ICカード「JRA−UMACA」を利用した「UMACA投票」や、QRコードを使った「スマッピー投票」ができますし、電話、インターネット投票では、指定銀行に口座があれば投票できる「即PAT」、専用口座を作っていただく「A−PAT」、クレジットカードを使う「JRAダイレクト」などを導入しています。こうした取り組みが、結果に結びついたことになります。

佐藤 ネットや電話での購入はどのくらいの割合ですか。

後藤 コロナ前だと競馬場、ウインズ等の現金投票が3割で、残りがネット、電話投票でした。これが昨年は9割を超えましたね。

「競馬大国」日本

佐藤 2020年は、無観客開催があったにもかかわらず3兆円近い売り上げで、前年比3.5%増です。2021年は前年比3.6%増で3兆円を超えました。この巨額の売り上げは、世界的に見ると、どう位置付けられるのでしょうか。

後藤 売り上げということでしたら、ナンバーワンですね。日本、香港の順番だと思います。

佐藤 日本は競馬大国なのですね。何が日本の競馬をここまで大きくしたのですか。

後藤 それはやはり組織設計がしっかりしていて、うまく機能しているからでしょう。私どもJRAには、競馬に関する権限のほとんどが委ねられています。競走馬であるサラブレッドの血統登録と馬名登録は「ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(JAIRS)」という機関が行いますが、中央競馬で走る馬の馬主さんの登録や騎手、調教師の免許の発行、また馬券の発売、払い戻しもすべて私どもが行っています。

佐藤 海外は違うのですね。

後藤 日本のように権限が集中しているのは、香港ジョッキークラブ、韓国馬事会など、アジアの国々が多いです。欧米はかなり違っていて、アメリカの場合、競馬の開催許可権を持っているのは、主に州政府です。そして免許を発行するのも州です。でも競馬の主催者は、州の関連団体もあれば株式会社もある。施設も主催者が所有しているところもあれば、借りている場合もあって、まちまちなんです。さらに馬券は州の公社が売っていたり、民間会社が売っていたりする。

佐藤 イギリスだとブックメーカーですよね。

後藤 ええ、公的な馬券の発売会社よりも、ブックメーカーの売り上げのほうが遥かに大きい。そうなると、競馬の売り上げが、競馬に還ってこないんです。競馬という商品が生み出す価値が、循環されずに外に流出してしまう。

佐藤 循環というのは、どういうことですか。

後藤 競馬の利益を競馬に再投資するサイクルですね。競走馬を生産して育成し、調教してレースを行う。そしてそこで勝った優れた馬の血が生産に回る。この循環にお金を入れていくことが重要なんです。

佐藤 日本はそれができる制度になっているのですね。

後藤 ええ、JRAは日本で少なくなった特殊法人の一つです。1954年に施行された「日本中央競馬会法」のもと、政府が全額出資して設置した農林水産省所管の団体です。戦前の競馬は、民間の競馬倶楽部が合併して誕生した日本競馬会が主催し、戦後も一時期までそこに引き継がれていたのですが、GHQから独占禁止法に抵触するとの指摘を受け、また国が直接賭け事を行うのを避けたために、半官半民の特殊法人になったという経緯があります。

佐藤 だから売り上げの一部は国庫に納めている。それはどのくらいの割合になるのですか。

後藤 売上金を売得(ばいとく)金と言いますが、まずその10%を第1国庫納付金として納めます。そして最終的に利益が生じたら、その半分を第2国庫納付金として納めます。

佐藤 馬券の払戻率は、どのくらいですか。

後藤 平均75%ですね。「JRAプレミアム」に指定したレースでは、その一部について売り上げの5%相当額を上乗せして80%になります。宝くじは50%ですから、高い割合ではありますが、国際的にも大体同じような割合です。

佐藤 残りの25%のうち、10%を国庫に納付し、その余りで施設を維持し、競馬を運営して、競走馬の循環を行うわけですね。見事な仕組みです。

後藤 最初に法律を作った人たちが細かいところまで考えて作った。それをつくづく感じます。

佐藤 要するに持続可能なシステムですね。株式会社にしなかったのがよかったと思います。

後藤 ええ、株式会社として売り上げを増やし合理化もして株主にどんどん還元するのでは、いい循環ができなかったでしょうね。またここには、自由に発想して新しいことにトライできる環境があります。

佐藤 後藤理事長はどうしてJRAに入られたのですか。

後藤 最初は新聞や放送局などメディアの仕事を目指していたのですが、ある放送局の3次試験が15時集合で、面接が終わったのが22時過ぎだったんですね。帰宅したのは零時近かった。この業界はとんでもない労働環境だと思っていたら、いまで言うJRAのエントリーシートが家に置いてあったんですよ。実は、父もJRAの職員で、獣医だったものですから。

佐藤 そうでしたか。ご尊父はここの高度専門職だったのですね。

後藤 その日にそれを書いて、父に渡し、人事部に届けてもらった。そして受験し、採用が決まってしまったんです。

佐藤 理事長になられたのですから、それは正しい選択でしたね。

世界共通の資産

佐藤 後藤理事長はモスクワの競馬場に行かれたことはありますか。

後藤 残念ながら、ないです。

佐藤 私は1987年から1995年までモスクワの日本大使館にいましたが、着任した年に五木寛之さんの『さらばモスクワ愚連隊』に出てくる競馬場に行ってみたんです。

後藤 モスクワ郊外にあるのですか。

佐藤 いえ、モスクワの真ん中にあります。ロシア帝政時代そのままの造りで、ものすごく立派な競馬場です。当時、ソ連では反アルコールキャンペーンが行われていて、街中にビールがほとんどなかったのですが、競馬場の屋台にはビールがあり、焼き肉もあって、これがなかなかおいしいんです。

後藤 じゃあ、にぎわっていたわけですね。

佐藤 はい。ソ連の競馬も完全に農業省の管轄下にあり、競馬新聞のような冊子も出ていました。ただサラブレッドのレースは5レースに1回ほどでしたね。ソ連崩壊後は、その競馬場の半分くらいの敷地をフョードロフという有名な眼科医が買ってカジノを作るんです。そして近くのホテルも改装された。

後藤 IR(統合型リゾート)になったのですね。

佐藤 そうなんです。その後に誕生したプーチン政権はカジノを潰すのですが、競馬場は残します。だから競馬をやるのは、ソ連、ロシアを通じての国家方針なんですね。

後藤 私は昨年秋から、国際競馬統括機関連盟(IFHA)という国際団体の副会長を務めています。このご時世ですからズームで会議を行っていますが、やはりいまはロシアの話題が出てくる。例えば、イギリスの厩舎ではウクライナ人がかなり働いているんです。その彼らを支援しようと動き始めたのですが、一方、フランスにはロシアの馬主から預かった馬が何十頭もいるんですね。

佐藤 大富豪の馬ですね。

後藤 全世界で血統登録されているサラブレッドをたどれば、「ダーレーアラビアン」「ゴドルフィンアラビアン」「バイアリーターク」の3頭に遡ることができます。これは国際的に認められた血統登録機関が各国にあるからわかることで、当然、ロシアにもあります。

佐藤 サラブレッドは「世界共通の資産」とされるゆえんですね。

後藤 ロシアの海外資産の問題は別にして、その登録機関や国際的な生産者団体の代表者たちは、今回のウクライナ侵攻で、ロシアの血統登録を除外することは考えていないと言っています。仮に除外すれば、ロシアのサラブレッド、あるいはこれからロシアで生産されてくるサラブレッドがすべて消えてしまうことになる。それは世界の競馬にとって好ましいことではない、だから、自分たちは淡々と仕事を続けていくのだと。

佐藤 そうした姿勢も重要だと思います。いつまでも続く戦争はありません。戦争が終わった時のことも考えておかなければならない。第一、馬が戦争を始めたわけではないですからね。

後藤 競馬でつながっていることはたいへん重要だと思います。競馬を続けてきたロシアにも、私たちと同じような仕事をしている人がいるでしょうし。

佐藤 JRAの方々がロシアに行って、農業省で馬の育成に関わっている人たちに会ったら、ものの5分も経たないうちに、共通の言葉や関心事を見出すと思いますよ。

後藤 まったくその通りだと思います。

日本の馬はトップレベル

佐藤 最近は日本の馬が非常に高いレベルにあるようですね。

後藤 確かにいま、日本のサラブレッドの質が大きく改善されて、高水準にあると思います。ここ数年、機会あるごとに、日本の競馬はトップレベルにあるから自信を持ってやっていこうという話をしています。

佐藤 いつ頃からレベルが上がってきたのですか。

後藤 昔から海外に挑戦した馬はいました。昭和30年代なら「ハクチカラ」、40年代なら「スピードシンボリ」ですね。数は多くありませんが、より高いところに挑んでいこうというチャレンジ精神を生産者も馬主も持っていたと思います。それが一層強くなったのは、1981年創設の「ジャパンカップ」からでしょうね。わずかですが、外国の馬に門戸を開放したのです。それまでは海外で競走経験のある馬は、日本では走れなかった。

佐藤 そこで初めて日本で外国の馬と走ったわけですね。

後藤 最初はまったく歯が立たなかったのですが、毎年続けていくうちに少しずつ日本馬の質が上がってきた。するとより多くの方に競馬で楽しんでいただけるようになり、売り上げ規模が上がります。賞金などが充実し、馬主に参入する人も増えます。そうなると生産の力もついてくる。ここでも循環なんですね。それがうまく回り始めたのは、1980年代の半ば過ぎじゃないかと思います。

佐藤 そこで国際化が一気に進んだ。

後藤 国際化といえば国際化ですが、もともとサラブレッド競馬は、イギリスから伝わってきたものです。文久2年、西暦なら1862年に、横浜の居留地にいたイギリス人によって洋式競馬が初めて行われました。だから最初から国際的なものなのです。もちろん日本にも古来の神事としての馬の競走はありますが、いまある競馬とはまったく違うものです。

佐藤 そもそも競走馬と日本の在来馬はまったく違います。

後藤 先ほど申し上げた国際的な血統登録機関など、海外との接点は昔からあります。だから追いつけ追い越せ、という意味での国際化がそこから進んだという感じでしょうか。

佐藤 3月に行われた「ドバイワールドカップデー」では日本の馬が5勝しました。

後藤 かつて国際的に大きなレースといったら、フランスの凱旋門賞だったのですが、1984年にアメリカで「ブリーダーズカップ」が生まれ、1988年に香港では「香港国際競走」ができます。そして1996年に「ドバイワールドカップ」が開催されるようになり、2020年には「サウジカップ」ができた。こうしたレースを行き来しているうちにノウハウが蓄積され、日本で走るのと同じような環境を馬に作ってあげられるようになってきたんですね。その結果、昨年はブリーダーズカップで勝利し、今年はサウジとドバイで多くのレースを勝って、びっくりするような賞金を獲得してくるようになりました。

佐藤 いま1着賞金が一番高いのはどのレースですか。

後藤 サウジカップですね。1着賞金が1千万米ドルです。

佐藤 それはすごいですね。

後藤 でも、続けられるのかな、と思います。サウジは馬券を売っていませんから。

佐藤 純粋なレースなのですね。ただあのあたりは、壊れたポルシェが砂漠に乗り捨ててあるようなところです。お金はある。

後藤 ドバイなども賞金が高いのですが、石油が枯渇したらどうするのかを考えて競馬開催をしているんです。他にもテニスやクリケットの大会を開き、別荘を作ってリゾート開発をし、観光立国を目指しています。

佐藤 作家仲間だと、元NHKの手嶋龍一さんが競馬愛好家なのですが、アラブの大富豪が北海道に馬を買いつけにくると言っていました。

後藤 生産者であるノーザンファームの吉田勝己代表と親交が深い方ですね。

佐藤 そうです。手嶋さんの説によれば、地球温暖化で北海道が馬の生産に非常に適した環境になっているらしい。

後藤 アラブだけじゃなく、ヨーロッパからも結構来ていると思います。いまや日本の競走馬の質の高さは広く認知されていますから。

佐藤 では騎手のほうはどうですか。

後藤 ジョッキーは昔から技術が劣っているとは思わないですね。レベルは高い。ただ日本の競馬界はかなり恵まれています。賞金も高いし、設備も整っていて、レースの数も多い。しっかりとした仕組みがあり、管理された競馬です。海外だともっと競争が激しく、自分で何とかしていかなければならない。技術的に劣ったら仕事ができなくなるという危機感があります。

佐藤 そこはJRAがうまく循環させ、運営をしているからでしょう。

後藤 ただ、それに満足してしまうのはよくありません。その点、30年以上にわたってずっとトップであり続けている武豊騎手はすごいです。若い頃から海外に積極的に出て行き、日本にいればずっとトップでいられるのに、1年を棒に振ってでも海外に挑む。そして技術を身に付けてきた。その努力を若い人たちは見習ってほしいと思いますし、近年、積極的に海外で修業する若手騎手が出てきたのは、うれしい限りです。

佐藤 後藤理事長はさらなる高みを目指されているのですね。

後藤 いま、東京競馬場に新たに国際厩舎を作り、海外の馬をさらにいい環境で受け入れる準備をしています。またジャパンカップの賞金も上げます。日本で世界最高の人馬によるレースを観ていただきたい。それが私ども主催側の最大の使命だと考えています。

後藤正幸(ごとうまさゆき) 日本中央競馬会理事長
1951年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒。75年日本中央競馬会入会。95年ニューヨーク駐在員事務所長、98年国際部国際企画課長、2000年ファンサービス事業部次長、04年総合企画部長などを経て06年理事に就任。11年常務理事となり、14年に第15代理事長に就いた。国際競馬統括機関連盟(IFHA)の副会長も務める。

「週刊新潮」2022年5月26日号 掲載