TVerでサッカー日本vsブラジルほか無料ライブ配信決定!待望の追っかけ再生も

写真拡大

民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー) 」で、6月に開催されるサッカー日本代表の4試合を無料ライブ配信することが決定。ライブ配信中にゴールシーンへの巻き戻しなどが出来る追っかけ再生(DVR機能)に対応することも合わせて発表された。

<配信・放送予定>
<キリンチャレンジカップ2022>
日本代表vsパラグアイ代表(札幌ドーム) 
6月2日(木)18:30〜(19:00キックオフ予定)テレビ放送:フジテレビ系列

日本代表vsブラジル代表(国立競技場)
6月6日(月)19:20キックオフ予定 テレビ放送:日本テレビ系列

<キリンカップサッカー2022>
日本代表vsガーナ代表(ノエビアスタジアム神戸)
6月10日(金)18:30〜(18:55キックオフ予定)テレビ放送:TBS系列

日本代表vsチリ代表orチュニジア代表(パナソニックスタジアム吹田)
6月14日(火)18:30〜(18:55キックオフ予定)テレビ放送:TBS系列
※10日の結果により対戦カードが決定します。

今年11月に開催されるFIFAワールドカップ カタール2022に向けた選手たちのアピールの場であると同時に、ブラジル代表やパラグアイ代表、チリ代表といった南米勢、ガーナ代表やチュニジア代表といったアフリカ勢との対戦は、世界における日本の立ち位置をはかるうえでも重要な試合となる。

この4連戦に挑む日本代表には、クラブで活躍を続ける鎌田大地(フランクフルト)や堂安律(PSV)が復帰、Jリーグで得点ランク1位(5月22日現在)の上田綺世、ドイツで成長する初選出の23歳DFの伊藤洋輝(シュツットガルト)らを招集。ワールドカップに向けて、伊東純也(ヘンク)、久保建英(マジョルカ)、三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)など常連メンバーも合わせた熾烈なポジション争いはまさに“サバイバル”。チームの成熟だけでなく、個々の熾烈な競争が繰り広げられる。

今回ライブ配信されるのは、販売開始から瞬く間にチケット完売したことも話題のブラジル代表戦など大注目の4試合。ブラジル代表のネイマール(パリ・サンジェルマン)やビニシウス(レアル・マドリード)といった錚々たる顔ぶれをはじめ、パラグアイからは一時期レアル・マドリードへの移籍が噂されたこともあるアルミロン(ニューカッスル)、チリ代表は南米で活躍する選手たちを中心にメデル(ボローニャ)やプルガル(フィオレンティーナ)ら欧州勢も加わる。そして、ガーナ代表はババ(マジョルカ)やペインツィル(ヘンク)、チュニジア代表にはメイブリ(マンチェスター・ユナイテッド)らが選出。世界の強豪との対戦となる。

そして、TVerでは通常のリアルタイム配信とは別に4試合をまとめた特集ページを設置。キックオフに間に合わなかった場合に最初から再生したり、ハーフタイムにゴールシーンを振り返ったり、観たいシーンをプレイヤー下部のシークバーを操作することで自由に視聴することが可能となる“追っかけ再生”にも対応した。

なお、追っかけ再生はTVer IDへの登録(無料)が必要で、当日スムーズに機能を使うために事前に登録しログインしておくことをオススメする。ちなみに、TVer IDに登録すると追っかけ再生のほか、ご利用のテレビやスマートフォン、パソコンなどの異なるデバイス間で、「お気に入り」機能や「レジューム再生(途中から再生)」機能の連携が可能。TVerを更に便利に使うことができるので、合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。