東京は今年初の真夏日予想
東日本など今年一番の暑さに 熱中症注意

2022/05/29 08:10 ウェザーニュース

今日29日(日)は東北南部から九州にかけて真夏のような暑さとなり、東日本などでは今年これまでで一番の暑さとなりそうです。

東京や名古屋、大阪では、今年初めて30℃以上の真夏日となり、内陸部では35℃以上の猛暑日の所もある予想です。水分補給などをこまめに行い、熱中症に注意してください。

昨日よりもさらに暑い

東日本や西日本は高気圧圏内で強い日差しが照りつけ、朝から気温が上がっています。

関東など東日本では昨日よりもさらに暑くなる見込みで名古屋で32℃、大坂でも30℃まで上がる予想です。東京都心では最高気温が昨日より4℃高い31℃と汗ばむ暑さになりそうです。また、30℃以上になれば今年初めての真夏日となります。

また、前橋市や岐阜市で33℃など、東日本の内陸では一段と気温が高くなり、最高気温35℃以上の猛暑日に迫る可能性もあります。各地で7月上旬から8月上旬並みの暑さとなる見通しのため、熱中症に注意してください。

<今日29日(日)の予想最高気温>
 水戸   32℃(8月上旬並み)
 さいたま 32℃(7月下旬並み)
 東京   31℃(7月中旬並み)
 岐阜   33℃(7月下旬並み)
 名古屋  32℃(7月中旬並み)
 大坂   30℃(7月上旬並み)

熱中症に要注意

まだ真夏の猛暑というほどではないものの、暑さに慣れていない時期です。室内では十分な換気やエアコンを使用するなど、熱がこもらないようにする必要があります。

また、マスクの着用により、のどの渇きに気づきにくくなっている可能性があります。意識的に水分補給をして、昼間は半袖で過ごすなど、服装で調節するのもよさそうです。

外出される場合は、日傘を使って直射日光を避けるなどして、熱中症に十分注意するようにしてください。