ももクロ、ボコボコにされるケンカシーンに反響「迫真」

写真拡大

間宮祥太朗が主演を務める水10ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系、毎週水曜22:00〜)の第6話が、5月25日に放送。ネット上では、ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに)ら扮するレディースチームに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

小沢としおの「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化した本ドラマは、筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男・難破剛​​(間宮)が、実は「ヤンキーをやめて普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語。

無事に2年生に進級した剛。卒業した東ミチル(加藤諒)に代わって、西田リョウ(藤田真澄)が新部長、剛が副部長、藤田深雪(森川葵)が副々部長に就任​​した。牧野弥生(鈴木ゆうか)ら、新入部員も入部して、新しいスタートを切った。

剛たち美術部員は、写生大会で横浜へ。そこで深雪​​が、レディース「横浜魔苦須(以下、マックス)」と揉めてしまった。しかも、マックスの二代目総長を探しているヤンキーグループ「ケルベロス」の面々​​も! 一触即発の中で、特攻服に着替えた剛は、ケルベロスを一蹴する。

それを見ていたマックスのナンシー(玉井)、カー子(高城)、フー子(佐々木)が土下座して「あたいら強くなりてえんだよ!」と懇願。剛が、なんの話かと困惑していると、事情を知らないマックスの二代目総長が助けにやってきた。その人物は、なんと、美術部の新入部員・弥生だった。

弥生は1年前、ヤンキーに絡まれているところを初代総長のマリ(百田)に助けてもらった。そこで、ケルベロスのリーダー・加納光一(庄野崎謙)と出会い、交際することに。しかし、彼はキレると何をするのか分からない。怖くなった弥生が別れたいと告げると、マックスの先輩が半殺しにあってしまう。ナンシーたちは、その一件で少年院に入った光一が帰ってくるまでに“強くなりたい”らしい。マックスとやりとりする中で、剛はマリとも挨拶をかわす。

そんな中、弥生を探している光一が予定よりも早く戻ってきて、マックスのメンバーはボコボコにされてしまう。それを知った弥生はすぐに彼女たちのもとへ。剛も、伍代直樹(神尾楓珠)​​の力を借りて弥生の後を追う。

剛と伍代はマックスのメンバーと弥生がいる倉庫に到着。女性相手に手を上げるケルベロスに剛は「おいクズども、覚悟しろよ」と怒り心頭で……。

ネット上では、ももクロ扮するレディースチームのやりとりやアクションシーンについて「最高のチーム」「迫真でした」「貫禄ある」​​とのコメントが集まっていた。

次回第7話は6月1日に放送。剛は白百合高校の次期生徒会長に立候補する​​。

なお現在TVerでは、第1話から第5話までのダイジェスト動画が配信されている。