洗濯物にも!? まだら模様の小さな虫、ヒメマルカツオブシムシに注意

2022/05/26 05:00 ウェザーニュース

白い洗濯物や上着に、まだら模様の小さな虫がついているのを見かけることはないでしょうか。それは、衣類や乾物食品の虫喰いのもとであるヒメマルカツオブシムシの成虫かもしれません。被害にあわないための対策を紹介します。

好物はもちろんかつお節?

ヒメマルカツオブシムシの成虫は体長約2.5mm、白と黒褐色のまだら模様が特徴の小さな甲虫です。白い物に誘引され、洗濯物などについて屋内に侵入することがあります。虫ケア用品大手のアース製薬では「今の時期に注意すべき害虫の1つ」と注意を促します。

「人を刺すなどの害を与えることはないのですが、白っぽい衣類や洗濯物、白い花などにつきやすく、気づかずに室内に持ち込んでしまうとやっかいです。羊毛や絹を用いた衣類などに産卵してしまいます。

幼虫は体長約4〜5mm。動物・植物質のどちらも好み、その名の通りかつお節が好物です。ほかに煮干し、小麦などの乾物、衣類や絨毯なども食害します」

5〜6月に活発化

今の時期は、特にヒメマルカツオブシムシの侵入に注意が必要だといいます。

「1年に1回発生し、幼虫で越冬し翌春3〜4月に蛹化します。5〜6月は活発に活動する時期なので、衣類や洗濯物とともに室内に持ち込んでしまいます」

ヒメマルカツオブシムシの被害にあわないために

衣類などをヒメマルカツオブシムシから守るためには、どうしたらよいのでしょうか。

「ヒメマルカツオブシムシの卵は乳白色と小さいため、見つけるのは困難です。衣類に産みつけられても気づきにくいものです。

そのため、ヒメマルカツオブシムシを屋内に持ち込まないことが重要です。帰宅時や洗濯物を取り込むとき、小さな虫がついていないか注意しましょう。

衣類をクローゼットや衣類ケースにしまうときは、必ず洗濯やクリーニング、ブラシかけなどで清潔にします。また衣類用防虫剤を使用して防虫対策を徹底しましょう。薬剤の効果が全体に行き渡るよう、衣類をつめすぎないようにします。また、衣類から出る綿ぼこりなどもエサとなるので、こまめに掃除しましょう」

キッチンでも注意したいことがあります。

「かつお節など乾燥食品は、必ず密閉して保管します。ビニール袋などは食い破られることがあるため、プラスチックや金属など固い素材の密閉容器がおすすめです。

なおヒメマルカツオブシムシの幼虫は、毒はありませんが尾に槍状毛(そうじょうもう)と呼ばれる鋭い毛の束を持つので、素手で触らない方がよいでしょう。

見つけた場合は、スプレータイプの殺虫剤で駆除します。とても小さな虫なのでスプレーの勢いで飛んでしまわないよう、少し離れたところから使うのがコツです」

衣類や食品が害されるのは、ぜひとも避けたいものです。しっかり予防しましょう。