この記事をまとめると

中古車の程度は個体によってさまざま

■高くて程度のいい個体と、安くて程度の悪い個体を直して乗るのではどちらが安上がりか

■それぞれのメリット・デメリットやリスクを解説する

程度がいいものを買うのがベスト!

 クルマ選びには人によってさまざまなスタイルやこだわりがある。新車の場合は好きなものを買えばいいが、中古の場合は一物一価。それぞれ程度が違うので、どこに重きを置くかで費用や維持に違いが出てくる。旧車も含めて、昔からあるのが「安く買って直しながら乗る」か「少々高くても最初から程度のいいものに乗る」という議論。一見すると最終的にはどちらでも同じような気がするが、実際はどうなのだろうか?

 ベストなのは「費用にこだわらず、程度がいいものを買う」だろう。買ってから手間もかからず、普通に乗れる。ただし、問題は程度がいいという基準。これもよく言われることだが、高いイコール程度がいいとは限らない。正確には本来は言えるのだが、やはりダマシやゴマカシがあり、泣きを見ることもある。高い費用で手間がかかるというのは最悪のパターンだろう。この点はリスクだが、逆を言えばリスクはこの程度とも言える。

 一方、安くて程度もそこそこのものを買って手を入れていく場合。まず購入時にどれぐらい手がかかりそうか、自分なりに頭のなかで見積もってから手を出さないと、結局あれやこれやと手間がかかって大変なだけでなく、最初からキチンとしたものを買ったほうが安かったということにもなりかねない。基本的にはこちらのほうが高くなる傾向にあるので注意したい。

 さらに言えば、どれだけ費用と手間をかけたところで、よくならないということもありうる。いい例がフレームまでいってしまっている事故車だろう。

 もちろんうまくいけば中古パーツなどを利用して、安く仕上げることはできる。要は程度の問題で、かなり安いけどボロボロという場合はリスクが大きく、ノウハウやスキル、時間がある人向けだったりする。旧車の場合は仕上げ車やベース車として売られているが、これらは高いレベルでの判断が求められるだろう。旧車は別として、最近のクルマの中古車でベースに問題ないものを買うなら、ある程度気軽に考えればいい。ただ、メカだけは元に戻していくのが大変なので、そこはしっかりとチェックしておいたほうがいい。

 さらに自分で仕上げる最大のメリットは、素性がわかっているということ。他人が仕上げたものはどうやって、どのような部品を使ってあるのか不明。わかるのは目の前にある結果だけだ。ここにダマシやゴマカシが潜んでいる。一方、自分でやったのではあれば、どのような状態かはわかっているという安心感がある。これは旧車、最近の中古車問わずで、タマ不足の昨今だけになおさら、安く買って自分で仕上げることにトライしてみてはいかがだろうか。