社長面接での驚愕発言「言っておくけど、俺はパワハラでも暴言でも何でも吐くよ!」

写真拡大

最終面接には社長が立ち会うという企業も多いが、そこでとんでもない体験をする人もいる。東京都の40代男性(派遣社員/サービス・販売・外食/年収450万円)は

「何かあればあなたに対して大声で怒鳴ったりもする」

と社長から堂々と宣言されたという。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「しかも給料だって高く無いよ?それに耐えられるかな?!」

男性は社長面接の際に、

「言っておくけど、俺は一昔前の人間だからパワハラでも暴言でも何でも吐くよ!」

「それが社員育成の正しい教育だと思ってるから。何かあればあなたに対して大声で怒鳴ったりもする。しかも給料だって高く無いよ?それに耐えられるかな?!」

と、とんでもない言葉をぶつけられたという。こんな社長が取り仕切っている会社など、こちらから願い下げだろう。

また愛知県の20代女性(素材・化学・食品・医薬品技術職/正社員・職員/年収250万円)は「新卒採用の最終面接では社長と部署長がいたのですが…」と語り始めた。

「社長が終始何を言っているか分からないことに加え、声が小さすぎて聞こえないため面接内容がほとんど伝わらなかったのです」

なんと、社長の声が聞き取れないほど小さかったというのだ。それは部署長にとっても明らかだったようで、

「部署長が翻訳するかたちで成り立っていた」

というから驚きだ。一会社の社長として、それはどうなのかと思ってしまう。