【MLB】エンゼルス−アスレチックス(5月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、1回の第1打席に日米通算150号のメモリアルとなる今季9号ソロを放った。チームに勢いをつける先頭打者弾になったが、打たれた投手にとってはたまったものではない。試合開始からわずか2球に訪れた悲劇に、思わず自分の太もも付近を叩き、悔しさをあらわにした。

【動画】大谷翔平、特大の今季最長135メートル弾と打たれた投手の様子

 この試合、アスレチックスの先発はアービン。今季は前日までに2勝1敗と活躍しており、193センチの長身から投げ下ろす速球と変化球のコンビネーションが冴える左腕だ。今季3勝目を目指して快晴の球場でマウンドに上がったが、すぐさま痛い一発を浴びることになった。

 1番・大谷への初球は高めの速球で空振りを奪ったが、続く2球目に緩急をつけようと投げた緩いカーブは、真ん中高めの絶好球に。じっくりと引き付けた大谷は、このタイミングとばかりにフルスイングすると、打球はセンター方向に一直線。今季最長飛距離となる135メートル弾となった。

 初回から飛び出たビッグアーチにエンゼルスファンは即座に大興奮となったが、打たれたアービンはたまらない。インパクトで快音が響いた瞬間、打球方向を目で追うことなく“降参”とばかりに自分の太もも付近を利き手でバチン。自らも失投だったのかと自覚したのか、悔しさを隠さなかった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)