9号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

写真拡大

「1番・指名打者」で初回の第1打席に6試合ぶりの9号ソロで決めた

■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が22日(日本時間23日)、本拠地で行われたアスレチックス戦で日米通算150号本塁打を放った。「1番・指名打者」で先発し、初回の先頭打者弾で決めた。メモリアル弾に米メディアもツイッターで続々反応した。

 大谷は第1打席、左腕アービンの2球目のカーブを捉えて6試合ぶりの9号ソロとした。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ワォ、ショウヘイ・オオタニが中堅フェンス後方にある木を越える打球を運んだ」と驚きの様子だった。

 米ヤフースポーツは「ショウヘイ・オオタニが完全にかっ飛ばした」と443フィート(約135メートル)の特大弾を称賛。米メディア「スポルティング・ニュース」は「ショウヘイ・オオタニのビーストモードが起動」と長打量産を確信していた。(Full-Count編集部)