準決勝進出を決めた選手たち

 8月5日(土)、有明コロシアムで開催された『HERO'S 2006〜ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント』。本大会では、85kg以下のライトヘビー級、70kg以下のミドル各トーナメントの準決勝が同時に行われた。

 注目は、いわずもがな、HERO'Sに電撃参戦を果たした桜庭和志の初戦。この日、桜庭は“リトアニアの高田延彦”ケスタティス・スミルノヴァスとの一戦に臨んだ。“桜庭タイガー”のマスクを被り、テーマ曲『SPEED TK REMIX』で入場した桜庭に対し、高田のテーマ曲『トレーニングモンタージュ』で登場したスミルノヴァス。

 試合は、序盤にスミルノヴァスの左フックが桜庭に炸裂、ダウンする桜庭にパウンドを落とすスミルノヴァス。桜庭の意識も吹っ飛び、誰もが勝負ありと思ったその瞬間、レフェリーが“桜庭の身体がリングの外に出ている”という理由で攻防にブレイク。両者をリング中央へと引き戻した。このレフェリングについては今後賛否の声が噴出することは避けられないが、ブレイクの合間に意識を取り戻し始めた桜庭が、最後は動きの止まったスミルノヴァスにパンチの連打から腕ひしぎ逆十字へと繋いで逆転勝利を挙げた。ミドル級トーナメントは、大山峻護、秋山成勲も勝ち上がり、準決勝に日本人選手3人が名を残す結果となる。

 また、ライトヘビー級トーナメントでは、“インドの毒蛇”ブラックマンバに宇野薫が大苦戦。所英男vsマンバ戦同様に開始早々、宇野はマンバの強烈な膝蹴りを喰らうも、意地でマンバの身体にしがみ付く。これにより、KO負けを逃れた宇野は、落ち着きを取り戻した2Rに、マンバを引き込むと、バックへ回ってのスリーパー。得意の動きでマンバから一本勝ち。本大会MVP級の活躍をみせ、所、高谷裕之、安廣一哉が相次いで敗れる中、総合格闘技第一人者としての貫禄を示した。

HERO'S 2006の全試合結果

HERO'Sフォトギャラリー!

HERO'S 2006〜ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント
11.ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
○桜庭和志
(日本/フリー)
1R6分41秒
腕ひしぎ逆十字固め
詳細はコチラ
ケスタティス・スミルノヴァス×
(リトアニア/リングスリトアニア)
10.ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
○大山峻護
(日本/フリー)
2R
判定2-0
詳細はコチラ
ホドリゴ・グレイシー×
(ブラジル/チーム ホイス・グレイシー)
9.スーパーファイト/5分2R延長1R
×山本宜久
(日本/フリー)
1R4分52秒
チョークスリーパー
詳細はコチラ
ドン・フライ○
(アメリカ/フリー)
8.ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
×クラウスレイ・グレイシー
(ブラジル/クラウスレイ・グレイシー柔術)
1R9分12秒
TKO
詳細はコチラ
メルヴィン・マヌーフ○
(オランダ/ショータイム)
7.ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
○秋山成勲
(日本/フリー)
1R2分1秒
判定
※試合後、誤審を認め秋山の判定勝ちとなる
詳細はコチラ
金泰泳×
(日本/正道会館)
6.ミドル級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
○宇野薫
(日本/和術慧舟會)
2R3分30秒
チョークスリーパー
詳細はコチラ
ブラックマンバ×
(インド/フリー)
5.ミドル級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
×安廣一哉
(日本/正道会館)
1R1分8秒
チョークスリーパー
詳細はコチラ
ハニ・ヤヒーラ○
(ブラジル/アタイジジュニア柔術)
4.ミドル級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
×高谷裕之
(日本/フリー)
1R30秒
KO
詳細はコチラ
J.Z.カルバン○
(ブラジル/アメリカントップチーム)
3.ミドル級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
×所英男
(日本/リバーサルジム)
2R
判定0-2
詳細はコチラ
アイヴァン・メンジバー○
(カナダ/トリスタージム)
2.スーパーファイト/5分2R延長1R
○セーム・シュルト
(オランダ/正道会館)
1R4分46秒
三角絞め
詳細はコチラ
キム・ミンス×
(韓国/リングスコリア)
1.スーパーファイト/5分2R延長1R
○朴光哲
(日本/KILLERBEE)
2R
判定3-0
詳細はコチラ
A・フランカ・ノゲイラ×
(ブラジル/ワールドファイトセンター)