ロボット使用の肺がん手術で誤って大動脈を損傷 患者が死亡

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 大阪府の病院で手術中にミスがあり、その後に患者が死亡していたと分かった
  • 医師が手術支援ロボットを操作した際、誤って大動脈を傷付けたという
  • 病院側はミスを認め遺族に謝罪し、和解金を支払うことで示談が成立したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x