※画像はイメージです/PIXTA

写真拡大

一般のサラリーマンが「億り人」と呼ばれるほど資産形成することは可能なのでしょうか? 真面目に働き貯金しているだけでは難しいように思えますが、株式会社ソーシャルインベストメントの清水一喜氏は、「FXを使えば可能性がある」といいます。今回は、忙しいサラリーマンが「億り人」になる方法について解説します。 

時間もお金もないサラリーマンは「億り人」になれない?

サラリーマンが億り人になるためには問題が2つあります。1つは時間がないこと、もう1つはお金がないことです。時間がないと動けませんし、お金がないと人を雇うこともできません。

このため、通常の方法でサラリーマンが「億り人」になるのは難しいように思えます。

しかし、時間がなくともお金にお金を働かせる方法があります。それが投資であり、FXです。FXならば、複利で資金を倍々にしていくことが可能です。サラリーマンであっても1年で「億り人」になる人も珍しくはありません。

「でも投資は損するかもしれないから危険だ」その意見は正しいです。しかし、FXならかなり安全に損失を抑えつつ、投資を学んでいくことができます。

FXを使えば、「お金を働かせる」ことができる

先述の「お金が働いてくれる」とはどういう意味でしょうか? これは、「自分はなにもしなくても勝手にお金が増えていく」という意味です。

そんなわけあるはずがないと思うでしょうが、投資というものは基本的にそういう考えで行うものです。

FXとは、たとえば「100円で買ったものを101円で売る」というようなことです。この場合、結果的に1円得をします。しかし、100円が101円になるまで時間がかかるため、ある程度は放置する必要があります。放置しておくとやがて101円の状態になることがあるので、そのときに売ればいいわけです。

これが、「お金を働かせる」しくみです。逆に100円のものが99円になれば1円減っているので、これは損をしたということになります。

FXを使えば複利で資金が倍々に

FXでは1ロットで取引を行うと、10pipsで1000円となります。この際に必要な初期資金は大体5万円と考えてください。

なぜ5万必要なのかというと、日本の証券会社には「証拠金」というものがあり、これがなければ取引を行うことができません。それから、もっとも代表的な通貨ペアの「ドル円」の証拠金が大体5万であることが多いのです。

5万で1ロット取引できると考えてください。2ロットになれば10pipsで2000円となります。2ロット取引したいならば10万円必要です。

FXの証券会社にお金を入れているとそのお金を使うことはできませんが、利益のすべてを投資に回すことで、利益が倍々に跳ね上がっていきます。

これが複利のすごいところで、普通に働いていたらこんなことはまず起こりません。たとえば、今月20万の給料が来月は40万、再来月は80万となっていくのがFXの複利のすごさです。

FXで億り人になるための「3つのポイント」

FXを使えば、複利であっという間に資金が倍増することはわかりました。

しかし、そんなにうまい話ならばいまごろみんな億り人になっているはずですが、そうはなっていません。これは「FXで勝てる人がなかなかいない」ということがいえます。

では、FXで億り人になるためにはどんな条件があるのでしょうか?

それは、FXでトレードを行うための知識とスキル、これだけです。投資といえば初期資金が必要=「結局お金持ちがお金持ちになるのが投資なのだ」と思うかもしれませんが、決してそうではありません。

FXの初期資金は少なくていい

よく、「毎月コツコツ貯金して一定額になってからFXをやろう」とか「退職金を使ってFXを」という人がいますが、これはほとんどの場合うまくいかず、プロトレーダーの餌食となってしまいます。FXを行ううえで重要なのは資金ではなく、「戦い方を知る」ことです。

そのためには、初期資金は少なくてよいのです。どのくらい必要かというと、証券会社によるのですが「100円から10万程度」です。随分差があると思うかもしれませんが、証券会社によって扱える商品が違うためこれほどの差があります。

「100円だから10万と比べて特別になにか違いがある」などといったことはないためご安心ください。

「デモトレード」より「少額でもリアルトレード」

デモトレードでトライし、「これだけうまくいったからリアルトレードでもうまく稼げるだろう」と思って失敗する人は大勢います。同じことをしているはずなのにどうして? と思うかもしれませんが、トレードの性質上こういうことが起こるのは当然の話です。

FXの難しいところは、サラリーマンのように一方的に収益を得られるわけではない、ということです。投資のすべてに通じることですが、損をする可能性があります。

ここが重要な点で、リアルトレードでは「損をするかもしれない」と思いながらトレードをしているわけです。デモだといくら損をしてもそれは数字上のことですが、リアルトレードで損をすれば、その分「あれを買えたかもしれない、あれができたかもしれない」と思うでしょう。「FXなんかしなきゃよかった」と思うかもしれません。

だからこそ、リアルトレードで練習をしないとFXをやる意味がないのです。

勝ったり負けたりを繰り返しながら、勝ちに驕らず負けにめげずにお金と向き合っていくことが、FXにおける最重要スキルです。これはデモをやっていても獲得することはできないので、ある程度デモトレードを行った後は、少額でもいいのでリアルトレードを行うようにしましょう。

やみくもにトレードせずまずは「知識を吸収」

FXにおいて重要なことはひたすら勉強して知識を手に入れることです。その知識というのは、裏技や秘密の情報などではありません。

FXというのは、「買いと売り」という2つの勢力のどちらにつくかという単純なゲームなので、「いまこの状況だと買いと売り、みんなはどちらにつくだろうか?」という予想に過ぎません。つまり、誰もが知っているテクニカル分析のルールを知るだけでいいのです。

「でもそれはおかしい。そんなに特別な知識が必要ないのならみんな勝っているはずだ」と思う人もいると思います。

FXはスポーツのようなものだと考えてください。野球やサッカーも基本的なルールを知っていれば誰でもできますが、そのスキルの差で勝敗が決まります。

FXもまったく同じで、基本的なルールさえ覚えてしまえば勝負ができます。しかもFXの場合、勝ちやすい場所を自分で設定できるので、絶対に勝負をつけないといけないスポーツよりも簡単といえます。

こんな単純なFXでも勝てない人が多いのは、スキルの問題というよりメンタルの問題であることが多いです。

冷静にFXを行うには「ルール遵守」

FXでメンタルをコントロールする方法は、「ルールを作ってその通りに行う」ということです。それができないから困るわけなのですが、そこは訓練しかありません。

ルールを徹底するためにいいやり方としては、トレード日記をつけることです。トレード日記をつければ自分が本当にルール通りできたのか確認することができます。

ただし、その為には日記を正確に嘘偽りなくつける必要があります。これが結構難しいのですが、慣れるしかありません。

まとめ

サラリーマンで現実的に億り人になる方法は投資しかありません。なかでもFXは初期資金も少なくできるため初心者向けの投資といえます。投資は危険だといわれることもありますが、実際はそんなことはまったくなく、やり方によってはほとんど損失もなく始めることができます。

ここまで読んだら、始めない理由はありません。誰かに頼ることが難しい時代ですが、自分の身は自分で守るために、そして「億り人」への栄光をつかむ一歩としてFXを始めてみてはいかがでしょうか。

清水 一喜

株式会社ソーシャルインベストメント 執行役員