[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

写真拡大 (全7枚)

クエストは挑戦することに意義がある!

少し申し訳なく、しかし、やはり胸を張る。そんな気持ちで本日の記事を書き始めています。テーマは約1年半ぶりに開催された、ロッテさんによる羽生結弦氏のクリアファイル獲得イベント、通称「ユヅルクエスト」についてです。もしかしたら一部の方は、恒例の自慢的なツイートがないことに気づいているかもしれませんが、お察しの通り、僕はいまだにクエストをクリアできておりません。

しかし、心は晴れやかです。クリアはできていないけれど、挑戦することはできたのです。その思い出は、これまでクリアを重ねてきたときに何ら劣るものではありません。最後に手元に残るものがあればもっとよかったかもしれないけれど、クエストは過程が大事なのであり、苦闘のほうが記憶にも残ります。そういう意味では、改めてクエストの素晴らしさを感じるような機会でした。熱かった。楽しかった。いい時間を過ごすことができました。

↓ロッテさん、いつもありがとうございます!

ロッテ キシリトールガム ボトルタイプ 90粒×4本セット 【歯科専売品】
価格:3880円(税込、送料別) (2022/5/18時点)



さて、どうしてクリアに至っていないのか、そのあたりの経緯を記録しておきましょう。まず、事の発端は「余裕をかましていた」という油断にあります。先週末、SNSを駆け巡った報せ。そこには月曜日から始まる新たなクエストの情報が記載されていました。クリアファイルお買い上げでボトルガム4本がもらえるキャンペーンは、一見して楽勝に思えました。買えばいいのであると。布団はともかくガムは余裕であろうと。

月曜日、在宅勤務化によって始業の連絡をしたら二度寝することが習慣となった僕は、ゆったりと10時に活動を開始しました。ポチ、ポチ、ポチ、はい完了。素早くロッテさんの通販サイトで注文を終え、「またコンプリートしてしまったな…」など思っていたのです。タバコは吸いませんが、気分的にはタバコに火をつけて煙をくゆらすようなゆとりがありました。

そして、おもむろに自慢ツイートでもしようとSNSに目を向けたとき、愕然としたのです。イオンで展開されていたとするリアル店舗の目撃情報の画像を見ると、オンラインとは種類が異なるファイルが展開されているではありませんか。そ、そうか、そのパターンか。「オンラインで買うと限定柄も含めてコンプリート」ではなく、「オンラインだけの柄と店頭だけの柄が両方ある」というオンオフ二刀流のクエストだとそこで初めて気づいたのです。

「待て待て待て待て」
「本日のお仕事は…」
「これは厳しい…」
「忙しいうえに会議の連続」
「カメラオフで無言、でいけるか?」
「すごい無口な人で押し通せないか?」
「さすがに無理だな…」
「自分が司会のヤツがあるからな…」
「司会がずっと無言は厳しい…」
「しかし、クエストは火曜からでは?」
「大体いつも火曜からでは?」
「とりあえずイオンに聞いてみよう」
ピポパポプルルルガチャ
「ここはもう始まっとるな…」
ピポパポプルルルガチャ
「ここももう始まっとるな…」
ピポパポプルルルガチャ
「アカン完全に始まっとるな…」
「これはロッテさんに相談だな」
ピポパポプルルルガチャ
「何の相談にも乗ってくれなかった…」
「難度上げてノーヒントになった…」
「誰だ、簡単にクリアできないほうが」
「面白いとか言ってたヤツ」
「僕だった」
「さーて、困りましたぞ…」

その間、願いを込めてSNSを見守るも、次々に上がるクリア報告と「朝イチで枯れました」などの悲報ツイート。しかも、情報がほぼイオンに偏っており、他店舗での実施がまったく見えてきません。イオンはウチの近所になくてそこそこ遠いので、一番苦手な戦場なのですが、どうやら今回はイオンに行かねばならぬ感じです。かなり苦しくなってきました。

それでも何とか無言でもバレないだろう会議に接続したあと、雨のなか自転車を飛ばして実績ある近所の店を見回りにいきます。しかし、イオン以外ではやはり始まっていないのか、店頭にそれらしきものは見当たりません。一部で報告が見受けられた「イト●ヨ●カド●」(※理由はわからないけれど伏字にしている人が多かったので僕も伏字にしてみました)も訪問してみましたが見当たらず。初日はまったくの純カラでクエスト未遂となりました。

自分への怒りと失望で僕は荒れました。午後の会議では明らかに不機嫌な司会が、露骨にぞんざいな相槌で話をまわしており、我ながら「せめてハイは2回までにしよう」とあとで反省しました。「ハイハイハイハイ、次」はいくら何でもアカンかったなと反省しています。聖人への道は遠い…。

↓長めの昼休みと称して、実績あるスーパー4軒をまわり、手ぶらで帰ってきました!

ちゃんと途中でランチしてますよ!

ガムとかカロリーメイトとかで!



仕切り直して翌日。もはや、今さらイオンに行っても仕方ありません。なじみの「上I橋店」(※伏字流行中)も終了したとSNSに書いてあります。しかし、まだ僕は諦めてはいません。そもそもお菓子業界のキャンペーンは火曜日始動が本線だというのは、これまでのクエスト経験で学んだこと。イオンがいくら大規模チェーンでも、たかだか1000軒程度ですべてのクリアファイルを吸い尽くせるはずがないのです。必ずほかの店舗でも開催はある。

そして、イオンに次ぐ頼みの綱として「イト●ヨ●カド●」(※何でみんな伏字にしてるの?)に問い合わせをします。いくつかの店舗では「まだやってないですね」というゼロ回答をもらいつつも、近所のイトヨカド(※伏字が面倒なのでカットしました)のひとつではファイルを展開しているという情報を得られました。「わかった、すぐ現場に急行する!」と地球防衛隊みたいな機敏さで現場に向かう僕。お菓子売り場担当の方の「ちょっとだけあります」という物言いが若干気にはなりましたが、とにかく現地に向かいます。

↓確かにちょっとだけあった…!

確かにキャンペーンは行なわれていました。初めて手にした新作クリアファイルはちょっとマットな手触り。裏面を見ればこのクリアファイルは石灰石から生まれた新素材で作られており、石油由来ではないとのこと。我が家の家宝にするから何でできていたとしても廃棄されることはないんですが、環境にも優しいというのはニッコリ情報です。

ただ、遭遇したのはいずれもオンオフ共通柄。後日届くオンライン注文のなかに含まれているものです。その時点では「やはり今日から全国的に本格始動だな?」とイケそうな感じがしていたので、ここでは一旦購入せず、近隣のスーパーへと移動してオフライン限定柄を求めます。が、ない。ない、ない、ない。TAIRAYAにもBig-Aにもいなげやにもない。イオン系列であり、何度も僕を救ってくれたなじみのグルメシティにもない。どうやら、展開が始まっているイトヨカドのほうがレアケースである模様。

そこに畳みかけてくる不運。さっきのイトヨカドに引き返して、とりあえず共通柄を記念に確保しておくかと思ったのですが、わずか30分ほどの間にファイルが消えていたのです。正確に言うと「消えた」のではなく、「今まさに消えている」ところでした。忽然と消えたファイル跡地で立ち尽くす僕の目の前に、買い物カゴにファイルのカゴを入れて、ガムの数合わせをしている母娘風ご婦人がいるではないですか!

「そ、そ、それはだね!」
「ぼ、ぼ、僕が目をつけていた!」
「み、み、みんなのファイルなんだね!」
「そ、そ、それは取り過ぎなんだね!」
「ゴ、ゴ、ゴッソリいったんだね!」

と、抗議でもしようかと思いましたが、ま、制限があるわけでもなし、手元に届いてないだけで僕も持っている柄なのでスルーしました。そんなことより今すべきはイトヨカド巡りです。前日も同じイトヨカドに来ていたのに、そのときは展開されていなかったのですから、イトヨカドは火曜から順次展開のスケジュールなのでしょう。ならば、朝はなくても昼ぐらいから順次始まっている可能性がある。

先ほど「まだやってないですね」とゼロ回答を受けたイトヨカドにも一縷の望みをかけて訪問。すると、ガム売り場の一角でファイルが展開されているではありませんか!柄は…むむ…オフライン限定のロンカプ様柄はすでに枯れていましたが、オフライン限定の天地様柄はまだ2枚残っていました。確保ー!天地様確保ー!クエストはガム取る前にファイル取る。素早い動きで天地様を確保し、ふと我に帰ります。

「枯れるの早くね…?」と。

「まだやってないです」からそんなに時間経ってないのに、こんなに素早く枯れるだろうか。またゴッソリいかれてしまったのだろうか。若干の首傾げ状態で現場を見つめていたのですが、ちょうどそのときにお菓子売り場の担当の方が電話の対応をしているところに遭遇。すると、担当の方は「まだやってないですね!」と元気に答えています。僕は「ええええ!?」と思わずそっちを見ますと、担当の方は何かに気づいたようで、「あ、やってます!」と情報をアップデートしていました。ぬおおおおお、これは朝からやってた説なのでは!?先にコッチ来ればよかった説なのでは!?

↓足元での開催は確かに見つけづらいっちゃあ見つけづらいかもしれない!



僕は現場に最後の天地様を残し、「電話の人よ急げ」と祈りながら次なるイトヨカドへ向かいます。次のお店も「やってないです」の回答はもらっているのですが、もはや誰かの言葉を信じるのではなく、自分で確かめる気持ちです。バスに揺られて30分。次なるイトヨカドにファイルは…ありませんでした。ホントに普通にやってなかった。せっかく「ないよ」って教えてくれてたのに来ちゃった。私、来ちゃった。彼はいないけど、来ちゃった。いないって知ってたのに、来ちゃった…。

↓来てもダメだってわかってたのに、来ちゃった…。バカだよね…私…。

とまぁ、このようにイトヨカドを巡っていくなか、肉体的な疲労とサラリーマン的タイムアップを迎えるに及んで、「まぁ、今日は頑張ったな」と自分を許すことができました。コンプリートで報われることはありませんでしたが、挑戦することはできました。イオンに出遅れという困難のなかでも、諦めずに頑張れたと思います。

そして、諦めない限り、この挑戦は終わらないのです。イオンが近所にない方。イトヨカドが近所にない方。移動手段がない方。時間がない方。いろいろ状況は違うと思います。ただ、あるのかないのかとドキドキしながら、お菓子の棚に向かうときのあの気持ちは、どのスーパーでも変わらないのです。いつも行くスーパーの普段の買い物も、クエストがあると思うと宝探しのような気持ちになるのです。「今日から遅れて始まっているかも」と思えば毎日が宝探しです。そのドキドキこそがクエストだったのです。挑戦こそが本質だったのです。


僕も未遂ではありますが、諦めたわけではありません。以前には、すんごい遅れてクエストが始まった八王子のスーパーへの再訪問でクリアをしたこともあります。羽生氏のクエストがイオンとイトヨカドだけで終わるはずがない。これから始まる店がきっとある。そう思うとすべての店、すべての買い物が宝探しであり、楽しい時間になるのです。あと1種類、オフライン限定のロンカプ様を求めて僕はスーパーに行きます。なるべく行きます。あと少し歩けば行けるな、という機会を逃さずに行きます。ちょっと健康になりそうな気がする冒険は、まだ始まったばかりなのです…!

↓とりあえずオフライン限定の天地様は我が家にお迎えできました!

純カラでなくてよかったです!

そして、また探しつづける楽しみをもらいました!

挑戦が本質であれば「なかったわー」も含めて楽しい思い出にできる!