EntamePlex

写真拡大

大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手の妻で元レスリング世界女王・山本聖子が、オフィシャルブログを更新。

「一緒に練習していた男子の50回には及ばずで悔しかったな笑」と現役時代を回想しながら懸垂中姿を公開した。

この日、「限界」と題してブログを更新した聖子さん。絵文字を交えながら「30歳か31歳の時の懸垂の限界(これはまた違う時の写真)」と背筋と肩甲骨が大きく隆起した懸垂している後ろ姿を公開。「反動使ってもいいから限界までという種目の時 確か40回(その時は多分順手)」「その時一緒に練習していた男子の50回には及ばずで悔しかったな笑」と当時を回想した。

最後は「午前中片付けやらなんやらでオヤツ食べそこなったらランチの食欲が凄かった」と、肉肉しいボリューム感たっぷりのハンバーガーとポテト、マフィンの写真でブログを締めくくった。

この投稿にファンから「すごーぃ」「凄っ!」「ワイルド」などの声が寄せられている。