“強要”そして“モデルの仕事”について語った萌絵さん

写真拡大

 こういう取材をしていると、事前に聞いていたインタビュー相手の情報と実態が食い違うことは珍しくない。今回の萌絵(29=仮名=)もその典型だ。自称・モデルで「AV出演を強要された」と連絡してきた子だったのだが……。【酒井あゆみ/ノンフィクション作家】

 ***

【写真】萌絵さんは、月に1度「脚フェチの店」で働く

「私も『蒼井そら』の事務所に強要されたんです」

 インタビューをはじめて早々、萌絵はそう切り出した。今年1月に蒼井そらが所属するAVプロダクションの代表者らが逮捕されたことを受け(後に不起訴処分)、「自分もそうだ、話を聞いてほしい」というわけだ。

 萌絵は2020年に、ネットの広告掲示板「ジモティー」で「グラビアモデル」の募集を知り連絡をとった。喫茶店で40代の「フツーのオジサン」と会い、そのまま連れていかれた先が、「蒼井そらの事務所」だったという。当然、AVなど話が違うとなるが、

「私に何か聞くわけでもなく、事務所の社長みたいな人とオジサンの2人で勝手に話を進めてて。それでAVと、脱がないイメージビデオの仕事の話を振られたんです。一応、それぞれのギャラを聞いてみたんですが、もうびっくりです。AVに出たら500万円くらいもらえると思ってたから。その場でAVは嫌、イメージビデオだったら良いって言ったんです」

“強要”そして“モデルの仕事”について語った萌絵さん

 それでも事務所は食い下がった。例の“ジモティー・オジサン”から後日、

「AVの面接が決まったから」

 連絡があった。拒んだものの、「いまさら断れない」というオジサンの押しに負け、大手AVメーカー2社の面接に行ったという。面接にあたって、洋服を着た上半身の姿を事前に撮られたとも。だがその後、AVのオファーはなかった。

 これをもって「強要された」と訴えるのだが……実際に出演もしていない。話を聞きながら私は心の中でため息をついた。第一、ふつうAVメーカーの面接では事前に着衣、下着、全裸姿の写真を撮った「宣材」資料を作る。そして書類審査を経て面接、面接を通ったら晴れて「撮影(仕事)」となる。服を着た状態の写真を撮られたのみということは、プロダクションとしては商品にならないと判断したが、ダメもとでメーカーに売り込んだのだと推察される。

 はっきりいって、こんな経験をした女性は、東京だけで何万人といるはず。AV業界はシビアなのだ。単に「脱いでセックスすれば誰でも大金がもらえる」仕事ではない。今や出演する女性だって、下手な芸能人よりもレベルが高くなっている。

モデルという話も……

 では、AVを“回避”して始めたイメージビデオの仕事とはなんなのか――現在の職業を尋ねると、萌絵は「モデル」と言い切る。また、心の中でため息をついた。最近の「モデル」のカテゴリーはかなり広い。街角スナップでたまたま写真を撮られ、雑誌の片隅でもユーチューブに少し出ただけで「職業・モデル」と答える女が少なくない。その感覚には私は慣れない。

 案の定、萌絵の「モデル」というのは着エロ、きわめて裸に近いセミヌードの仕事だった。芸名で検索をすれば、一応、電子版の写真集がヒットする。

「DVDもこれまで3本が発売されています。発売記念撮影会も予定されていたのですが、コロナでお客さまがきてくれなくて中止。ギャラ?完全歩合だから、って。やっと先日5000円が入金されました」

 今後、定期的にお金が入金されると萌絵は信じているのだろう。しかし、私はそうは思わない。今はAVもイメージビデオもほとんど売れない。ネットには凄い量の無料のアダルトコンテンツが転がっているからだ。おそらくこの5000円が、彼女がモデルとして受け取る最後のギャラになるのではないか。

宴会コンパニオン ギャラ飲みではダメなのか?

「モデル」としては食べていけない萌絵はいま「宴会コンパニオン」の仕事を中心に、メンズエステ、脚フェチマニア向けの風俗店に月1日のペースで出勤し、たまにパパ活をして生活している。月の家賃が4万5000円の鍵付きシェアハウスに暮らしているが、家賃が6〜7万円で渋谷から駅2つのひとり暮らしできる部屋を探している最中なのだという。

 メンズエステ、脚フェチの店では週1回、12時間も待機して1万5千円から2万円弱しか稼げない。主な収入源はコンパニオンの仕事で、2時間の拘束で1万5000円「から」稼げるという。平均月収は15、6万円ぐらいだそうだ。

 宴会コンパニオンとは、観光地で宿泊客にお酌する「温泉コンパニオン」とほとんど同じらしい。東京にもそんな仕事があることを初めて知ったが、地方から出張してきた男性たちや、泊りがけの飲み会などで需要があるのだという。

 さきほど収入を「1万5000円から」としたのは、コンパニオンではチップが稼げるからだ。最高で10万円をもらったことがあると萌絵は胸を張る。出身地である四国地方から彼女が上京してきたのはおよそ4年前のことだが、高校を卒業してから地元の温泉街でコンパニオンをしていた。つまりその道10年のベテランだ。上京も「東京でもコンパニオンの仕事ができる」と知り、後押しになったという。

「私って、毎日決まったことをする仕事は合わないようなんです。コンパニオンの仕事は自分の都合と気分で行く行かないを決められるから」

 コンパニオンの派遣会社に登録したうえで、依頼があれば現地に赴くという仕組み。私も10代の頃に年齢を誤魔化して地元・福島県の温泉街でコンパニオンのバイトをやっていたから、萌絵のいう“気楽さ”はわからないでもない。キャバクラのようなノルマもなく、風俗のような過剰なサービスも求められないからだ。

 とはいえ、歓迎会や忘年会などの催し事がないと成り立たない仕事である。経費も削減される昨今、コンパニオンの需要があるというのは驚かされる。なにより東京では「ギャラ飲み」という、コンパニオンに取って代わるサービスが横行している。疑問をぶつけると「私もギャラ飲みはやっています」との返事が返ってきた。

「ただ、ギャラ飲みって結構ハードルが高いんです。募集の専用LINEグループに登録して、いい案件があればエントリーするわけですが、なかなか通過しない。一度行ったお客さんでも、なかなかリピートに至らない。それだったらコンパニオンのほうが、まだ確実に仕事を振ってもらえるんです」

 ちなみに萌絵は機会があればパパ活もする。オトナは3万円から、だそうだ。しかし「タイプの『田中圭』系のイケメンだったらお金は関係ないです」。趣味なのかお金を稼ぎたいのか……プロの“売る女”という意識は、やはり低い。

行き当たりばったりの生き方だが…

 技術職の父と専業主婦の間の一人っ子として生まれた萌絵は、高校卒業後に大手携帯電話会社に就職したが、月給15万円という給料の低さに嫌気がさし、半年もしないうちに辞職。美容関係の専門学校に行く事にしたが、卒業後も資格などは取らずに、宴会コンパニオンを続けながら実家暮らしをしてきた。ただそれも辛くなり、「地元で貯めた貯金200万を持って上京しました」という。

 不安定な、行き当たりばったりの人生を歩んできた萌絵。まともに男性と付き合った経験はなく、現在も彼氏はいないという。婚活などしないのか聞くと、

「結婚願望は全くないし興味ない。だって、結婚しても相手の親の介護させられるだけじゃないですか」

 ただしこの四月から、通信制の大学に通い始めたという。

「うまくいけば6年で卒業できるかと。やっぱり学歴が必要かな、って」

 大学の費用は、コンパニオンの仕事などでなんとか捻出するそうだ。萌絵の不安定な暮らしは続くが、上京時の貯金200万円はまだ手を付けずに残っている。

酒井あゆみ(さかい・あゆみ)
福島県生まれ。上京後、18歳で夜の世界に入り、様々な業種を経験。23歳で引退し、作家に。近著に『東京女子サバイバル・ライフ 大不況を生き延びる女たち』ほか、主な著作に『売る男、買う女』『東電OL禁断の25時』など。Twitter: @muchiuna

デイリー新潮編集部