Appleがこの秋発売すると噂されるAirPods Pro(第2世代、以下AirPods Pro 2)に関する予想を、これまで数々の情報を提供してきたYouTuberでTwitterユーザーのVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)が、Twitterに投稿しています。

249ドルから299ドルへ値上げされる可能性

Vadim Yuryev氏は、AirPods Pro 2は、ロスレスオーディオに対応、音質が向上し、バッテリー駆動時間が延長、ノイズキャンセリング機能とトランスペアレンシーモード(周囲の環境音を聞き取れるモード)を搭載すると予想しています。
 
そのため、価格も値上げされ、現在のAirPods Proの価格である249ドルよりも50ドル高い、299ドルになる可能性があると述べています。
 


 
同氏の予想が正しければ、日本でのAirPods Pro 2の販売価格は36,720(税込)円となります(現在のAirPods Proの価格30,580円から換算。米国での上記表示価格は税抜)。

ロスレスオーディオ対応とバッテリー駆動時間延長の両立は困難

この予想に対しテック系YouTubeチャンネルのTailosive Tech(@TailosiveTech)は「Appleがロスレスオーディオのサポートを計画しているかどうかは不明だが、対応した場合はバッテリーを相当消費することになる」とし、ロスレスオーディオ対応とバッテリー駆動時間の延長の両立は難しいのではないかと疑問を投げかけています。

 
 
Source:Vadim Yuryev/Twitter
(lunatic)