Bloombergが、AppleはiPhone15シリーズ(2023年モデル)の開発において、USB-C端子を搭載したモデルのテストを行っていると報じました。

アナリストに続き、大手メディアも予想

アナリストのミンチー・クオ氏は、AppleはiPhone15シリーズにおいてLightning端子からUSB-C端子に移行すると予想していました。
 
Bloombergによれば、Appleはこの数カ月間、USB-C端子を搭載したiPhoneと、USB-C - Lightning変換アダプタの開発に取り組んでいるとのことです。
 
iPhoneの外部接続端子がUSB-C端子になるのは早くても2023年モデルとBloombergは予想、2022年モデルであるiPhone14シリーズはLightning端子を搭載すると同メディアは述べています。

USB-C - Lightning変換アダプタで既存製品に対応か

USB-C端子に移行した場合、データ転送速度と充電速度が高速化することが期待できるとBloombergは記しています。
 
ただし、AirPodsの充電ケースやMagSafeバッテリーパック、MagSafe Duo充電器など、Lightning端子搭載デバイスは他にも存在するため、そのためのUSB-C - Lightning変換アダプタをAppleはこれらの製品に同梱するか、別売とするかは不明とBloombergは伝えています。
 
Lightning端子からUSB-C端子への移行は、欧州連合(EU)が進めている充電端子統一の影響が大きいとBloombergは説明しています。
 


 
 
Source:Bloomberg via iMore
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)