ソウル駅前広場で支持者に手を振ってあいさつする文前大統領=10日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】5年間の任期を終えて退任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領が10日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)新大統領の就任式に出席後、自宅のある南東部・慶尚南道梁山市に向かうためソウル駅を出発した。

 文前大統領の到着前、ソウル駅には支持者約1000人が集まった。支持者は「あなたは私の永遠なスーパースター」「愛しています文在寅」などと書かれたプラカードを手にして文前大統領の名前を連呼した。青瓦台(大統領府)の元高官や文政権を支えた「共に民主党」所属の国会議員も集結した。

 一方、ソウル駅では文前大統領に批判的な団体も集会を開き、「文在寅を監獄に」などとシュプレヒコールを上げた。

 文前大統領は支持者に対し、「大統領になったとき約束したように、田舎に戻る」として、「私は解放された」と笑顔を見せた。