“お笑い怪獣”と称され、テレビで見ない日はないほどの活躍を続ける明石家さんま氏は、カメラが回っていないときも、スイッチを切ることなくお喋りを続ける、明るい性格の持ち主として広く知られている。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 くりぃむしちゅーの上田晋也氏の新著『激変 めまぐるしく動いた30代のこと』(ポプラ社)によると、街で偶然明石家さんま氏に出会ったとき、“お笑い怪獣”は車の中で一人両手を叩きながら笑っていたそうだ。そんな明石家さんま氏が、周囲を驚かせたひとつの事件があったというが……。ここでは、上田氏の新著より一部を抜粋し、明石家さんま氏が主催するテニス同好会で起こったエピソードについて紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

日常の動きがビリーズブートキャンプと同じくらいの運動量

 さんまさんは、いつも至って元気で健康だ。ゴルフの時もストレッチはおろか、アキレス腱を伸ばすことすらしない。いつもご一緒させていただく、ひと回り以上年下の私や30歳も年下のえなりかずき君が、早めにゴルフ場に行って、ケガをしないように、入念なストレッチや素振りをしたりするのに、だ。

 あまりに不思議なので、「なんでストレッチすらされないんですか?」と一度聞いてみた。するとさんまさんは、「普段の動きがストレッチや」と、至って普通のことのようにおっしゃった。確かに、普段から無駄な動き、失礼、身振り手振りが大きいし、さんまさんの日常の動きを集めてDVDにすれば、ビリーズブートキャンプと同じくらいの運動量はあるかもしれない。


©共同通信社

毎日ミカン食べてたら風邪は引かない

 さんまさんはご自分が元気だから、他人が風邪を引くこともよく理解できないようで、露骨に嫌な顔をなさる。確か31歳の時。さんまさん、東野幸治さん、YOUさん、土田晃之と私の5人でお食事をした時のこと。あいにくその日風邪を引いていた私は、ほんの少し鼻声であった。するとさんまさんが、「なんや上田、風邪か?」と眉根を寄せながらおっしゃった。

「はい、すいません」

「ちょうどミカンならあるで!」

「は? 『ちょうど薬ならあるで』ならわかりますけど、ミカンですか?」

「アホやなー、俺は子どもの頃から毎日のようにミカン食うてるから風邪なんか引いたことない」と、『ターヘル・アナトミア』にすら書いてないであろう対処法を推奨なさる。まっ、『ターヘル・アナトミア』ってそもそも何が書いてあるのか知らないけど。

“明石家テニス同好会”を発足

「ミカン食うて太陽に向かって走っとけばええんや!」

 私だけではなく、東野さん、YOUさん、土田も、全員同時に「は?」とリハーサルもしていないのにハモった。

「あのな、野生のライオンはな、風邪ひいた時に、果物食って、太陽の陽を浴びて健康を取り戻すねん。せやから風邪引いた時はそうしたほうがええねん」

「………………」

 あれだけのメンバーが揃っていたのに誰一人返事はおろか、うなずくことすらしない。まあ我々はライオンではないし、野生でもないから。その微妙な空気を察知してか、「まあ運動不足もあるんやろ? よっしゃテニス部でも作って体鍛えよか?」と、“明石家テニス同好会”を作ってくれることになった。

 その日の5人を発足メンバーに、毎週火曜日の夜に練習をすることに。次の週、読売ジャイアンツばりに30分前には皆集合し、準備体操をしたあとでいよいよ練習となった。さんまさん以外はほとんどテニス初心者のため、まずは基本のフォーム、打ち方を教わろうと、私が「どんな感じで振ればいいですか?」と、さんまさんに質問した。

誰かを目指さないと怒られる

「お前は誰を目指すのや?」

「はい?」

「どのプレーヤーを目指すかで、フォーム変わるやろ? 誰を目指すのや?」

「いや、あのー、まずは基本的なフォームを身に付けて、それから誰かを目指すといいますか。っていいますか、同好会でプロの誰かを目指す、とかありますかね?」

「あほんだら、誰かを目指さへんかったら、『こう打ちたい』とかのイメージも何もないやないかい。アガシを目指すんやったらアガシの基本のフォームがあるしやな、サンプラス目指すんやったらサンプラスの基本のフォームがあるやないかい。せやから誰目指すんやって言うてんねん」

「あー、じゃあ、アガシを目指します」とアガシの試合を見たこともなかったが、目指すことにした。というか目指すことになった。YOUさんも土田も、誰かを目指さないと怒られると思い、それぞれ誰かの名前を口にしていた。東野さんに至っては、ボケで絶対に目指していないであろう女性プレイヤーの名前を出していたが、さんまさんがそれに返すことはなく、東野さんのフォールト扱いになった。

「YOUちゃん交代や!」「交代とかじゃなく病院です!」

 誰を目指すかを聞いたわりには、ほとんどレッスンはなく、さんまさんが出したボールを打ったり、ボレーの練習をしたりしていたのだが、練習を始めて約1時間半、上田・土田ペアVS.東野・YOUペアで試合をしている時に事件は起きた。

 スマッシュをしようと駆け込んだYOUさんが「ベキッ」という、普段霊長類ヒト科の生き物は出さない音を出して倒れ込んだのだ。東野さん、土田、私の3人は異変に気付き、YOUさんのもとに駆け寄った。YOUさんを見ると、くるぶしの部分が、ほど好い潮風を受けたポンカンのように腫れている。(これは確実に骨折だ)と全員が察知し、どうしたものかと審判をしていたさんまさんを見ると、なんとさんまさんは、我々を見てゲラゲラと笑っているではないか! YOUさんは痛さのあまり泣き始め、我々の手に負える状況ではなくなってしまった。そんな状況を見てさんまさんはやおら立ち上がり、こう発した。

「YOUちゃん交代や!」

『天気の子』に対抗して『能天気の子』の主演が務まるんじゃないか、と思われる発言をした大御所に対し我々は、「交代とかじゃなく病院です!」と半ギレ気味に進言し、近くの救急病院に担ぎ込むことに。

問診表を代わりに記入することになったが…

 着替えもそこそこに車に乗り込むと、さんまさんは「これは捻挫やから大丈夫や」となぜか自信満々。(いえ、絶対骨折です。捻挫しているのはさんまさんの脳内だと思われます)心の中で私なりの診断を下したところで病院に到着した。

 先生が登場すると、さんまさんは「骨折はしてませんけど、一応診てやってください」とあくまで軽傷をアピール。先生はさんまさんの発言を合気道の師範ばりに軽く受け流し、YOUさんを連れて診察室へと入っていった。

 先生に診てもらっている間、さんまさんがYOUさんの代わりに問診表を記入することになったのだが、家族ではないため、わからないことだらけ。友人なら普通あり得ないことなのだが、まず氏名欄のところで引っかかった。

「YOUちゃんの本名って何?」

「そういえば知らないですねー。YOUでいいんじゃないですかね?」

「ええわけないやろ!『アメリカの保険証出してください』って言われるわ!」

たった1日で解散に

「じゃあとりあえず氏名欄はあとで本人に書いてもらいましょう」

「せやな。ほな、住所わかるか?」

 皆一様に首を振る。

「せやろなー、お前ら郵便配達の仕事ちゃうもんな」

「住所も本人に書いてもらいましょう」と私。

「せやな。……『過去に大きな病気をしたことがありますか?』誰かわかるか?」

「………」

 結局、さんまさんが問診表に記入したのは受診日だけであった。そうこうしていると、レントゲンを撮り、診察を終えたYOUさんが出てきた。診察の結果は骨折。さんまさんは信じられないといった表情で、「えーっ、ホンマ? あんなんで骨折するなんて骨弱いなー。ミカン食わへんからや」と呟いた。私は思った。ミカンは万能薬ではない、と。明石家テニス同好会はたった1日で解散となった。

経済的観点からではなく、医学的観点からのアドバイスを

 この事件のおよそ15年後、さんまさんは体調がイマイチの時、相変わらずの方法で対処してらっしゃるのか気になり、聞いてみた。

「さんまさん、今でもミカン食べて太陽に向かって走ってらっしゃるんですか?」

「俺は前々からメロン食うてんねん」

「はぁ? 俺たちには散々ミカン食えっておっしゃってたじゃないですかー?」

「お前らメロンやと経済的にキツいやろ? せやからミカン食えって言うたんや、ヒャーッ」とこっちが引いているにもかかわらず、それを超えるお得意の引き笑いを、どうだとばかりにお披露目された。どうせなら経済的観点からのアドバイスでなく、医学的観点からのアドバイスがいただきたかった。

 今回、この文章を書くにあたって、ミカンを食べて太陽に向かって走るのは、医学的観点から正しいのか、本当にライオンはそうやって風邪を治すのか、疑問に思い「ライオン 風邪 果物 太陽」などのワードで検索してみたが、出てくるのはライオン株式会社の風邪薬情報ばかりである。ちなみに風邪の治し方、私のオススメは、エスエス製薬の「エスタックEXネオ」である。

【続きを読む】〈改名直後のTV出演〉くりぃむ上田が「後悔した」「本当に参った」と振り返る“一番しんどかった仕事”とは

〈改名直後のTV出演〉くりぃむ上田が「後悔した」「本当に参った」と振り返る“一番しんどかった仕事”とは へ続く

(上田 晋也)