欧米中心に原因不明の子どもの肝炎が拡大 1割が移植必要な状況

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 原因不明の子どもの肝炎が欧米を中心に拡大している
  • 感染者は生後1カ月から16歳で、腹痛、下痢、黄疸などの症状が見られる
  • 1割が肝臓移植が必要な状況で、少なくとも1人が死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x