きょう23日(土)の関東は日が差し、最高気温25℃以上の夏日続出。今夜は南部を中心に、にわか雨に注意。あす24日(日)は一転、午後から雨で空気ヒンヤリ。東京都心は、今年に入ってから日曜日に日照が極端に少なくなっています。

関東甲信 夏日続出 にわか雨に注意

きょう23日(土)の関東地方は、雲が多いながらも日が差し、東京都心など最高気温25℃以上の夏日の所が多くなりました。東京都心は26.7℃と2日連続の夏日、千葉市は26.6℃と今年初夏日に。関東で一番気温が上がったのは、埼玉県寄居町では29.2℃。全国で一番気温が上がったのは山梨県甲府市で、30.9℃と関東甲信地方では今年初の真夏日(最高気温30℃以上)となりました(23日15時まで)。

関東は、日が差している所も油断禁物です。北日本を通過している前線のしっぽや湿った空気の影響で、今夜(23日)は、にわか雨の所があるでしょう。東京都心の夜(18時〜24時)の降水確率は30%。野球でいえば、3割バッターの確率で雨となります。降る場所は狭く、降る時間も短いですが、空模様の急な変化にご注意下さい。

24日(日) 雨でヒンヤリ

あす24日(日)は、前線や気圧の谷の影響で雲が多く、昼頃からは神奈川など南部を中心に雨が降るでしょう。都心も午後は傘の手放せない天気となりそうです。

日差しがないため、日中の気温はあまり上がらない見込みです。最高気温は、東京都心18℃など、20℃に届かない所が多いでしょう。きょう23日(土)より10℃くらい低くなる所もありそうです。日々の気温差が大きいので、体調管理にお気をつけ下さい。

この先1週間は、来週25日(月)と28日(木)に日が差す他は、曇りや雨の日が多くなりそうです。ゴールデンウィーク初日の29日(金)「昭和の日」から30日(土)は雨となるでしょう。

日が差す日は、洗濯など日差しを有効にお使い下さい。

東京都心 日曜に日照時間少ない

今年(2022年)、1月1日〜4月22日までの東京都心の日照時間をみると、日曜日が極端に少なくなっています。あす24日(日)も曇りや雨で、tenki.jpの2週間天気によると来月5月1日(日)も日照が少ない予想です。

今年の東京は、日曜日に気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすい周期に入っているようです。