ノッチのないフルスクリーンを実現したiPhoneは、2024年に登場するとの予想を、TF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が改めてTwitterに投稿しました。

Proシリーズのみが搭載か

クオ氏は4月の初めにも、画面下埋込み型のFace IDを搭載したiPhoneは、2024年に登場するとの予想を投稿したばかりです。
 
ただし同氏は、画面下埋込み型Face IDおよび画面下埋込み型フロントカメラを搭載するのは「ハイエンドiPhone」と記しています。つまりフルスクリーンになるのはProシリーズのみということになります。
 

ISPとアルゴリズムが重要

なおフロントカメラが画面下に埋め込まれるため、光が少ない場所では画質が落ちることが懸念されます。クオ氏は画質を落とさないためには、イメージ・シグナル・プロセッサ(ISP)とアルゴリズムが非常に重要になると指摘しています。

 
 
Source:Ming-Chi Kuo/Twitter
(lunatic)