リーカーのマックス・ワインバック氏とBloombergのマーク・ガーマン記者が、A16(仮称:A16 Bionic)がiPhone14 Proシリーズにしか搭載されず、iPhone14とiPhone14 MaxがA15 Bionicを搭載するのは、TSMCの4nmプロセスの製造能力が不足しているのが原因と、Twitterに投稿しました。

4nmプロセスで製造されるのは、A16 BionicとM2シリーズだけ

アナリストのミンチー・クオ氏や複数の海外メディアが伝えた、A16 Bionicが搭載されるのはiPhone14 Proシリーズのみとの報道に関しワインバック氏は、その理由はTSMCの4nmプロセスはM2、M2 Pro、M2 Max、M2 Ultra、およびA16 Bionicで製造キャパシティが一杯になるからと述べています。
 

M1はTSMCの5nmプロセスで製造

ガーマン記者は、iPad Air(第5世代)にM1が搭載されたのも、この件が関係しているかもしれないと伝えています。
 
M1シリーズは、TSMCの5nmプロセスで製造されています。
 


 
 
Source:Max Weinbach(@MaxWinebach)/Twitter, Mark Gurman(@markgurman)/Twitter
Photo:9TechEleven(@9techeleven)/Twitter
(FT729)