花粉大量飛散のおそれ
今週末にかけて飛散しやすい条件揃う

2022/03/09 15:22 ウェザーニュース

週末にかけては日本付近に春の暖かい空気が流れ込み、気温が大幅に上昇します。
本格的な花粉の飛散シーズンを迎えている関東や東海、西日本では、大量飛散に注意が必要です。

飛散量が増える天気とは

スギ花粉は、以下の気象条件でより飛散しやすくなります。

(1)晴れて暖かい
(2)風が強い
(3)乾燥している

スギの雄花は気温が上がると花が開きやすくなります。さらに、上昇気流によって花粉は空高く舞い上がり、広範囲に広がります。そのため暖かい日、特に最高気温が15℃以上になるような日は要注意です。気温がグッと下がる日でも、前日の気温が高い場合は、開いたままの雄花から花粉が飛び出すことで飛散量が多くなる傾向があります。

また、風も重要な指標で、風速が9〜10m/sを超えるような日は特に注意が必要です。

さらに、乾燥する日も気をつけましょう。湿度が高いときは、花粉が湿気を吸って重くなるので飛散が軽減されがちですが、湿度が低くなって乾燥すると、飛散量は増します。
» 関連記事 花粉が飛散しやすい気象条件とは

週末は大量飛散の条件揃う

11日(金)から13日(日)にかけて春本番の暖かさとなり、東京、名古屋、大阪、広島、福岡など各地で20℃前後まで気温が上がる予想です。

また、低気圧や前線が日本海に進み、西日本や東日本では風が強まる可能性があります。

晴れや曇りの日が続き空気の乾燥も進むため、関東や東海、西日本では花粉大量飛散の条件が揃い、週末にかけてスギ花粉の大量飛散に要注意です。

花粉症の方は週末にかけて万全な対策が必須です。

北陸や東北南部でも花粉の飛散が多くなる所があるため注意してください。