話題の商品が登場し、それが入手困難だったり少しお高めだったりすると、似せた廉価商品が登場。とりあえずこれでいいやと、「類似品」「ジェネリック」という考え方でお手頃価格のもので試してみて、うーん本当にこれがいいの?やっぱり本物は違うの?って思うことないですか?

私のなかでいま一番気になっているのが、ヘアブラシの「タングルティーザー」。手のひらサイズの柄がないブラシ…だと思っていたら、コスメグッズの専門店にいったらなんとそのバリエーションがすごく増えている! 価格はベーシックなアイテムで2200円となかなかのお値段。でも、日本に2013年に上陸以来、通算700万個も売れているそうです。

なぜこんなに人気なのでしょうか?

秘密は日本・UK・EUで特許を取得しているブラシの二段構造にあり!

タングルティーザーが支持される理由は、髪に無理な負担をかけず、スッと髪を解きほぐすことができるヘアブラシだから。髪や頭皮の健康の維持ために日々のブラッシングは大切ですが、だからといってやみくもにするのがいいわけではありません。

絡まっている髪を無理やりひっぱったり、力をいれすぎてもいけないなど、本当にデリケート。困ったことに、傷んだ髪ほどよりケアが必要で、ブラッシングなど日々の小さな積み重ねが、明日、そしてもっと先の未来の自分の髪を作っていく作業。

タングルティーザーは、その小さな積み重ねを手助けするアイテム。髪への負担を最小限にブラッシングできる秘密は、は、日本・イギリス・EUで特許取得の長短二段構造と、米国デュポン社が開発した特殊素材のブラシにあります。

長いブラシが程よくしなってやさしく髪の絡まりを解きほぐし、短いブラシが(髪表面の)キューティクルを整えてくれる。この2つのステップをワンストロークで行うことにより、髪の摩擦を最小限に抑えながらサラサラの美しい髪へと導いてくれるのです。

特許を取っているということは、この構造を使ったブラシは他では勝手に作ることはできないということ。そう、唯一無二のブラシなのです。

また、ハンドルがない形状の独特のフォルムが特徴で、働き女子の皆さんからするとパソコンのマウスっぽいなぁって思うかもしれません。そう、パソコンのマウスもですが、人間工学に基づいた手のなかにすっぽりと収まるサイズで、ブラシを握りこむことで均等に力をかけることができ、髪や頭皮にかかる負荷を調整しやすいのもポイントです。

ハンドルがないことは、持ち運びやすさのためかと思っていましたが、実は力を均等にかけるためでした!

さらに、タングルティーザーのブラシは、用途やシーンによって様々なタイプがあるってご存じでしたか? また、ベーシックなものでも髪質に合わせて3タイプ。長さの長短だけでなく、ブラシの太さが異なるものがあるのです。

知ってた? 最新のタングルティーザーはここまで来ていた!

ヘアケアに詳しくなくとも、タングルティーザーの存在は知っていた方は多いかもしれません。でも、2013年の上陸以降も、実はタングルティーザーはどんどんアップデートしています。

基本のタングルティーザーの上陸時の2013年から約9年でそのラインナップは爆増!

今回驚いたのが、濡れ髪でも使えるタングルティーザーがあること。水分を含んで通常より重くなった髪を引っ張ることなくスムーズに解きほぐせるよう、強度のある長めのブラシを採用。持ち手がついていることで、濡れた手でも滑りにくい形状になっています。

バスタイムのトリートメントの際に使って、髪の根元から毛先までトリートメントをムラなく馴染ませることができたり、ドライヤーの前に絡まりをやさしく解きほぐしたりできるアイテムです。

もちろん乾いた髪でも使えますが、あくまでも濡れ髪用に開発されているため通常のモデルよりもブラシ部分が長く、強度があるので使い分けがおすすめだそうです。

ザ・ウェットディタングラー(2200円/税込)

ほかにも持ち歩き用のカバーがついた「コンパクトスタイラー」や、手の小さな女性やキッズでも使いやすい「ザ・オリジナル ミニ」、頭皮ケア用ブラシ、ヘアサロン仕様なども登場。それぞれにカラーバリエーションがあり、また限定デザインも登場しています。ミニサイズは価格もちょっとリーズナブルなので、お試し用にもおすすめです。

ザ・オリジナル ミニ 1540円(税込)、ザ・ウェットディタングラー ミニ 1540円(税込)

こちらはドライヤーの熱を効率的に伝え、より速く乾かすためのブラシ「イージードライ ブローブラシ」。

イージードライ ブローブラシ 2640円(税込)

そして、なんとペット用もあるんです! ペット用のタングルティーザー「ペットティーザー」は中・大型犬用と小型犬用の2サイズあり、ブラシの柔らかさも3種類から選べます。ブラシの構造は人間用と同じですが、ブラシの構造は人間用と同じですが、ブラシに見えないユニークな形のため、ペットの不安感をとりのぞいてブラッシングを行うことができます。

ペットティーザー 中・大型犬用 ラージ 2640円(税込)

さて、肝心の使い心地ですが、公平を期すために帰宅後寝る前と朝シャン後のブラシッシング、そして朝シャンのあとの乾かす前のブラッシングで比較してみました。比較対象は、5000円ぐらいした馬毛のブラシです。1度に髪を集められる量、そして一気にまとまり感を出すのには馬毛のブラシは有効でした。でも、濡れ髪のもつれや、寝起きのまくらの当たった後頭部のもつれなどをワンストロークで解決してくれたのは、断然タングルティーザーの圧勝!

もちろん、個人の好みはあるでしょうが、髪の状態にあわせてブラシを変えることは、ヘアケア剤を使い分けるのと同じように大切だと実感。

この価格帯で売れまくっているのにも納得ですね。

タングルティーザー
https://tangleteezer.jp/

取材・文/北本祐子