2019年に自殺問題があった消防組合 コロナ感染の部下に上司が差別的発言

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 山口県の宇部・山陽小野田消防組合は22日、職員の懲戒処分を発表した
  • 新型コロナに感染した部下に差別的な発言をするパワハラがあったという
  • 同組合では2019年、職員が遺書で職場のパワハラを告発して自殺している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

  • 総合
  • 国内
  • 政治
  • 海外
  • 経済
  • IT
  • スポーツ
  • 芸能
  • 女子
x