(C) 2022「流浪の月」製作委員会

写真拡大

 広瀬すずと松坂桃李がダブル主演する映画『流浪の月』(5月13日公開)の初映像が公開された。

 2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの同名ベストセラー小説を、『怒り』『フラガール』の李相日監督が映画化する本作。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・中瀬亮役で横浜流星、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみ役で多部未華子が出演する。

 「その男、家内さんを誘拐した犯人よね?」という不穏な言葉で始まる特報映像は、血だらけの顔で夜の街をさまよう更紗(広瀬)や、水辺に浮かび空を仰ぐ文(松坂)など波乱の予兆が漂う内容で、更紗、文、亮(横浜)、谷(多部)それぞれのやり場のない表情に心揺さぶられる。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印(らくいん)を背負ったまま、誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えて生きてきた更紗と文。15年後に再会した二人が選んだ道とは?

 『パラサイト 半地下の家族』を手掛けた撮影監督ホン・ギョンピョによる美しい映像にも注目してほしい。(編集部・中山雄一朗)