滋賀 伊吹山で雪崩(なだれ)が発生 雪崩のリスクから逃れるには

2022/01/04 18:34 ウェザーニュース

今日1月4日(火)、滋賀県の彦根地方気象台は、13時頃に伊吹山で雪崩(なだれ)が発生したと発表しました。雪崩が発生したのは滋賀県米原市上野の伊吹山6合目付近で、米原署によると、4名が巻き込まれ、うち3名が自力で脱出、1名は救助されたものの負傷してるとのことです。

雪崩に巻き込まれないためにはどうすべきか、発生しやすい気象条件やリスクを避ける方法をまとめます。

大雪の後に警戒「表層雪崩」

表層雪崩(新雪雪崩)は、古い積雪の上に新たに雪が降り積もった時に、この新雪部分が滑り落ちる現象です。

雪崩のほとんどが表層雪崩だといわれ、とくに真冬の大雪が降った時に警戒が必要です。

春先に増える「全層雪崩」

全層雪崩は、積雪と地面との間にザラメ状のもろい雪の層が出来たり、雪解け水が流れることなどによって、雪の層全体が滑り落ちる現象です。

暖かくなった春先に起こりやすいのが特徴です。

新幹線並みのスピード

私たちが歩く速さは時速5km程度ですが、雪崩の速さは全層雪崩で時速40〜80km、表層雪崩ではなんと時速100〜200kmといわれ、この速さは特急列車や新幹線並といえます。

雪崩に遭遇してしまったら、滑走中であっても麓へ逃げ切るのは不可能です。

雪崩の前兆は

雪崩が発生する前には、以下のような前兆現象があるといわれます。

 ・雪面に亀裂がある
 ・雪面にシワがある
 ・斜面を雪玉がころころ落ちてくる

ただ、このような雪面を見つけてしまってからでは逃げ遅れる可能性があります。

万が一、雪崩に巻き込まれそうになったら

雪崩は斜面の低い方を目指して滑り落ちます。巻き込まれそうになったら、斜面に対して横に逃げるほうが賢明といえます。

もし巻き込まれてしまったら、小規模なものであれば助かる可能性もあります。まずは雪崩の動きが止まる前に顔のまわりに空間を作るように手で覆うことで、生還の確率が上がるといわれます。

雪崩リスクの理解を

スキー場管理区域外を滑走するバックカントリーを行う際には、以下のような確認を必ず行い、立ち入り禁止区域等には進入しないようにしてください。

 ・雪崩の発生しやすい気象状況でないか
 ・メンバーの技量把握や地形把握は十分か
 ・いざというときの装備は十分か
 ・登山届等を提出したか

スキー場周辺以外でも、地域によっては雪崩に対するハザードマップが作成されている場合もあります。山あいの地域に立ち寄る際は、事前にリスクを把握しておくことが大切です。