『千と千尋の神隠し』
 - (C) 2001 Studio Ghibli・NDDTM

写真拡大

 9日、日本テレビ系の映画番組「金曜ロードショー」は、新年最初の放送となる2022年1月7日に宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』(2001)を、1月14日に『紅の豚』(1992)を、2週連続でノーカット放送すると発表した。

 7日放送の『千と千尋の神隠し』は、迷い込んだ不思議な街で両親を豚にされ、名前まで奪われた少女・千尋が、神々の訪れる風呂屋で働きながら成長していく物語。第75回アカデミー賞長編アニメーション賞に輝き、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に抜かれるまで、日本国内における歴代映画興行収入ランキング1位の座を20年近く守り続けた。2022年には、橋本環奈と上白石萌音のダブルキャストによる舞台化が決定している。

 14日放送の『紅の豚』は、1920年代のイタリアで、豚になった元空軍のエースパイロット、ポルコ・ロッソを主人公に、彼を取り巻く友人たちや、荒くれものぞろいの飛行艇乗りたちを、美しいアドリア海と共に描いた作品。公開30周年を迎える節目の年に、先の見えない時代に自分の信じた道をゆく豚と、二人の女性が織り成すロマンあふれる物語が再びテレビ放映される。

 2022年のスタジオジブリは、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園における「ジブリパーク」開業を秋に予定。舞台版『千と千尋の神隠し』など、注目の企画が並ぶ記念すべき年の“ジブリ初め”となる。(編集部・入倉功一)

映画『千と千尋の神隠し』は2022年1月7日放送(よる9時00分〜11時34分※40分拡大)
映画『紅の豚』は2022年1月14日放送(よる9時00分〜10時54分