イスラエルのテルアビブ(2021年5月18日撮影、資料写真)。(c)Gil COHEN-MAGEN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英誌エコノミスト(Economist)の調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が1日に発表した「世界の生活費が高い都市ランキング」2021年度版で、イスラエルのテルアビブが1位になった。世界中でインフレが進み、生活費が高騰している。

 ランキングは、世界173都市の商品やサービスの価格を米ドルに換算した上で指数化した。

 前回5位だったテルアビブが初めて1位になった要因には、通貨シェケルが対米ドルで上昇したことや、輸送費や食料価格の上昇などが挙げられる。

 ランキングは以下の通り。

1位:テルアビブ(イスラエル)

2位:パリ(フランス)

2位:シンガポール

4位:チューリヒ(スイス)

5位:香港(中国)

6位:ニューヨーク(米国)

7位:ジュネーブ(スイス)

8位:コペンハーゲン(デンマーク)

9位:ロサンゼルス(米国)

10位:大阪(日本)

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
コロナで大変動、世界の住みやすい都市ランキング 大阪2位・東京5位
米インフレ加速、30年ぶり高水準 バイデン氏「真正面から」対処約束
ごみを拾って仮想通貨ゲット、商品と交換 ゲーム感覚のイスラエル新アプリ