Twitterが新たに導入を検討しているとされる、いいね機能の拡充ですが、いよいよそう遠くないうちに実装される期待が高まってきました。

近日中に実装か?

これまでにも、TwitterにFacebookのようなリアクション機能が搭載されるのではないか、との観測は何度か浮上してきました。現在Twitterのリアクションは「いいね!」に相当するハートマークのみですが、これにFacebookのような喜怒哀楽の選択肢を追加しようというわけです。
 
2021年7月には、Web開発者のニマ・オウジ(Nima Owji)氏が“リバースエンジニアリング”と呼ばれる逆解析を行い、5種類のリアクション絵文字が表示された画像を投稿するとともに、導入準備がすでに整っていることを明らかにしていました。
 
そして今回、そのオウジ氏が新たに明かしたところによると、Twitterのコードの記述から、近日中にリリースされる見込みが高いとのことです。「自分のツイートがどのように受け取られているかをよりよく理解してもらう」目的で、現行のハートマークに加え、泣き笑い、考える顔、手を叩く、泣く顔と4種類の絵文字が登場する見通しです。
 

ツイート主のコントロール権高める

また同氏は、反対票(downvote)機能についても言及しています。いいねボタンの隣に設置が見込まれているこの機能は、他のユーザーとのリプライ応酬の際、相手からのリプライに反対票を投票することで、自分のタイムラインで見えにくくすることができます。
 


 
似たような機能としては、ツイートにぶら下がった表示させたくないリプライを非表示できるものがすでに実装されていますが、新たな反対票機能は自分とTwitter本社以外、投票したことが誰にも分からないのが特徴です。
 
 
Source:Twitter/nima_owji,9to5Mac
(kihachi)