台風20号 小笠原諸島がまもなく暴風域 最接近の今夜は最大限の警戒を

2021/10/28 15:55 ウェザーニュース

強い勢力の台風20号(マーロウ)は28日(木)16時の推定位置で、小笠原諸島・父島の南海上にあるとみられ、北北東に進んでいます。すでに小笠原諸島の大部分が台風の強風域に入り、まもなく母島などが暴風域に入る見込みです。

台風の最接近は今夜遅い時間となりますので、最大限の警戒をしてください。

▼台風20号 10月28日(木)16時推定
 中心位置   父島の南約240km
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     北北東 20 km/h
 中心気圧   965 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

小笠原諸島 今夜は暴風雨に

小笠原諸島には台風の外側に広がる雨雲がかかり始めています。まだ、それほど強くは降っていないものの、ピーク時には1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨が予想されます。総雨量は200mm前後に達するおそれがあるため、道路冠水や土砂災害などに警戒が必要です。

15時30分までの最大瞬間風速は父島で18.8m/sを観測しています。昼過ぎに台風が通過した硫黄島では瞬間的に約40m/sの風が吹いており、父島や母島でも同様の暴風が考えられます。風のピークは暗い夜間帯となりますので、停電への対策が必要です。周囲の状況が確認しづらいので、外出は避けてください。

15時30分現在、小笠原諸島に大雨警報、暴風警報、波浪警報が発表されています。今後の台風情報や自治体から発表される避難情報などをこまめに確認し、厳重な警戒が必要です。

台風の進路から離れている関東でも明日29日(金)は沿岸部で風が強く、波も高くなりますので油断ができません。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風20号の名前「マーロウ(Malou)」はマカオが提案した名称で、「めのう(瑪瑙)」を意味する言葉からとられています。

参考資料など

気象衛星可視画像:NICT-情報通信研究機構