国政監査に出席した鄭氏(中央)=21日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は21日、国会外交統一委員会による国政監査で、北朝鮮が19日に発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を巡り、韓国軍の能力で防衛可能だとの見解を示した。また、南北のSLBMの技術を比較しながら、「韓国が(発射実験に)成功したSLBMは、北が発射したSLBMに比べてはるかに機能が優れている」と説明し、韓国国民もこれを知ってほしいと述べた。

 鄭氏は、北朝鮮のSLBM発射が「戦略的挑発」に当たるのかを問う野党議員の質問には即答を避け、戦略的挑発かどうかは「朝鮮半島の全般的な安全保障状況への極めて深刻な影響の有無」を基準に判断すると答えた。今回の発射は戦略的挑発には当たらないとの見方を示唆したことになる。

 北朝鮮のミサイル発射実験に政府が強く問題提起していないとの指摘には、「ただやり過ごすのではなく、遺憾を表明し、その都度(問題を)指摘している」と反論した。

 北朝鮮は19日に小型の新型SLBMを1発発射した。韓国政府はこれを「挑発」とは見なさなかったものの、深い遺憾の意を表明した。