写真=小芝風花

 女優の小芝風花が21日放送の『おかべろ』(カンテレ)に出演。芸能界の友達事情に触れ、女優・富田望生からの返信を乞う場面があった。

 【写真】胸元露わ、小芝風花のドレス姿

 MCを務めるNON STYLE・石田明から「友達は多いほうですか?」と尋ねられた小芝は「めちゃくちゃ少ないです」ときっぱり。「今まで同年代の方と共演することがほとんどなかった」という。

 現在、自身がSexy Zoneの中島健人とダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ)では、同年代の女優・佐久間由衣が出演中。「めちゃくちゃ楽しくて2人のシーンが。親友役なので、あわよくばこのまま親友になれないかなって…」との願望を抱いていることを明かした。

 ドラマ撮影が終わるたび、共演者は一度、離れるのが一般的。「それがすごいさみしくて」という小芝は、「この現場でギュッてなって、次もまたギュッてなるじゃないですか。だからなかなか合わなくて、タイミングもそうですし」と仲良くなるきっかけをつかみづらいようだ。

 そして、「2〜3回連続でご飯行ったけど、その後、1年くらい空いちゃってるけど、これは友達でいいのか…」と悩んでいる相手がいるそうで、ナインティナイン岡村隆史らに促され、「いいのかな…」としつつ、富田の名前を挙げた。

 昨年ドラマで富田と親友役を演じたという小芝。一緒に食事も楽しんだが、コロナ禍という背景もあり現在は行けておらず、「このままズルズル連絡取れなくなって、友達じゃなくなっちゃうんじゃないか」との不安を抱えているようだ。

 ただ、岡村からは「連絡はしてもいいんちゃう?」などとツッコミが入り、小芝も大笑いしながら「確かに」と同意。岡村や石田から早速、連絡を入れることを勧められると、カメラに向かって笑顔で「一回(メッセージを)送るので、友達って思ってくれてたら返事ください」と富田に呼びかけていた。