画像提供:みかんとじろうさんち(@jirosan77)さん

写真拡大 (全2枚)

部屋に入れてもらえるのを1時間待った猫たちがTwitterに投稿され、そのガラス越しの光景がまるで絵画のようだと反響を呼んでいる。

かれこれ1時間ほど待ちぼうけ――廊下に居ることを知らずに飼い主が締め出してしまったからだ。ブリティッシュショートヘアの姉弟・“みかんちゃん”(4歳)、“ぽてと”くん(3歳)、“てんぷら”くん(2歳)、“あんみつ”ちゃん(1歳)は、ドアの窓から部屋の中の様子を伺っているのだが、飼い主はまったく気付く気配がない。最前列を陣取り、開かないドアを無邪気に眺めている“あんみつ”ちゃんの横では、気が強いけれど甘えん坊でもある“みかんちゃん”が、眉間にしわが寄りそうな強い眼差しで抗議。時々気が強い“ぽてと”くんは虚無顔で不満を訴え、一番後方からは“てんぷら”くんが優しくおっとりと成り行きを見守っていた。

飼い主によると、この光景は「皆の姿が見えないので、もしかして」と思い、廊下を確認した時のもの。ドアを開けると“みかんちゃん”と“ぽてと”くん、“あんみつ”ちゃんは、待ってましたとばかりに部屋の中に直行したが、“てんぷら”くんはそのまま廊下でのんびりとしていたそうだ。

それぞれの性格を表したような表情がTwitterでは可愛くて面白いという声が殺到。「ガチギレしてる表情してますね…」「コワ可愛(笑)」「待っても開けてくれなくて虚無になってる…」といった声のほか、額縁に入った絵画のようであるため「廊下の猫 (2021)」「のぞきこむ猫達」といったタイトル案も寄せられ、大きな反響となっている。