お盆休みまで暑さ続く可能性高い高温に関する早期天候情報発表

2021/08/02 15:47 ウェザーニュース

8月に入っても各地で厳しい暑さが続いています。お盆休みが始まる来週にかけても暑くなる可能性が高いとして、気象庁は高温に関する全般気象情報と高温に関する早期天候情報を相次ぎ発表しました。

気象庁が高温に関する情報を相次ぎ発表

今日2日(月)は全国の真夏日地点が717、猛暑日地点が84と厳しい暑さになりました。この先もしばらくは暑さの続く可能性が高いとして、気象庁が暑さに関する情報を相次いで発表しています。高温に関する全般気象情報では、北日本は9日(月)、東日本は7日(土)、西日本は6日(金)にかけて、高気圧に覆われて晴れることや暖かく湿った空気が流入することで、最高気温が35℃以上の猛暑日の所があるとしています。また、北日本と関東甲信、北陸は8日(日)頃から、東海では10日(火)頃からの5日間の平均気温が、平年よりかなり高くなる可能性があるとして、高温に関する早期天候情報も発表しました。熱帯低気圧や気圧の谷の影響で一時的に天気が崩れて気温の下がる日はあるものの、お盆休みが始まる頃にかけて暑い日が多くなる見込みです。特に北海道は過去にないような長期間の暑さとなっていますので、熱中症に注意し、体調管理をしっかりと行ってください。