【写真:Getty Images】

写真拡大

東京五輪男子サッカーが新型コロナウイルスの影響による1年の延期を経て7月22日に開幕する。世界が注目するビッグイベントに、果たしてどのような選手たちが挑むのだろうか。今回は、日本と同組であるU-24メキシコ代表18人のメンバーと4人のバックアップメンバーを紹介する。

GK

----------

ギジェルモ・オチョア(背番号13)※OA
生年月日:1985年7月13日(36歳)
所属クラブ:クラブ・アメリカ
20/21リーグ戦成績:28試合30失点

 メキシコのA代表通算110試合出場を誇るベテランGKギジェルモ・オチョアがU-24メキシコ代表にオーバーエイジ(OA:25歳以上)枠で選出となった。ワールドカップには2006年のドイツ大会から4大会連続で選出。2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会は主力としてそれぞれ4試合ずつにフル出場を果たした。特に2014年のブラジ大会ではグループリーグ第2節でホスト国のブラジル代表と対戦し、ネイマールやオスカル、ラミレスやウィリアンなど強力攻撃陣をシャットアウト。ドローだったが、優勝候補のブラジルを無失点に抑え注目を集めた。シュートストップに定評があるオチョアは、このチームのゴールマウスを守り金メダル獲得を目指す。

ルイス・マラゴン(背番号1)
生年月日:1997年3月2日(23歳)
所属クラブ:クルブ・ネカクサ
20/21リーグ戦成績:15試合35失点

 ルイス・マラゴンの2019/20シーズンはベンチから見守る試合も多く不本意であっただろう。だが、20/21シーズンのリーグ戦前期は開幕からゴールマウスを守り、17試合中14試合にスタメン。リーグ戦後期は11試合連続のスタメン出場だったが、怪我の影響もあり12節~17節まで欠場している。A代表での出場はないが、この世代では正守護神に君臨。怪我で最後の2試合を欠場するも、東京五輪の出場権をかけた北中米カリブ海予選で3試合に先発。五輪出場権獲得に貢献している。今回はGKギジェルモ・オチョアがオーバーエイジ(OA:25歳以上)枠で選出されており、本大会ではベテランGKとの守護神争いを制さないといけない。

※バックアップメンバー
セバスティアン・フラード(背番号22)
生年月日:1997年9月28日(23歳)
所属クラブ:クルス・アスル
20/21リーグ戦成績:2試合2失点

 バックアップメンバーとして選出されたセバスティアン・フラードは第3GKという扱いになるだろう。所属するクルス・アスルでは、元メキシコ代表GKであるヘスス・コロナが正守護神に君臨するため今季はリーグ戦2試合の出場と出番が少なかった。それでも、昨季の前半戦はそのコロナからポジションを奪いリーグ戦18試合に出場した。このチームの正GKの呼び声が高いオチョアがいるため、フラードの出場は難しいが、チャンスがないわけではない。果たして、出場機会はあるだろうか。

DF

ホルヘ・サンチェス(背番号2)
生年月日:12月10日(23歳)
所属クラブ:クラブ・アメリカ
20/21リーグ戦成績:28試合1得点

 メキシコの名門クラブ・アメリカで主力として活躍するのがホルヘ・サンチェス。右サイドバックを主戦場とするサンチェスだが、左右両サイドハーフを担うことができる。また、2019年3月のパラグアイ戦でA代表デビュー。その後もコンスタントにA代表に呼ばれ代表でも主力に定着した。昨年11月に行われた日本代表との試合では右サイドバックでフル出場。原口元気や中山雄太らとマッチアップし、メキシコの2-0勝利に貢献した。U-24日本代表の強力左サイドの大きな壁となるかもしれない。A代表でもレギュラーを務めるサンチェスが出てきたら、日本は要警戒だ。

セサル・モンテス(背番号3)
生年月日:1997年2月24日(24歳)
所属クラブ:モンテレイ
20/21リーグ戦成績:27試合0得点3アシスト

 セサル・モンテスは2015年にモンテレイの下部組織からトップチームに昇格。いきなりシーズンを通して主力として活躍し、そのシーズンのプレーオフでは全試合に出場。準々決勝2ndレグではゴールを記録。チームは決勝で敗れたものの、モンテスは決勝進出に貢献した。その後も出場機会を積み重ね、今でも主力としてプレー。今季はリーグ戦27試合に出場3アシストを記録した。モンテスの特徴は身長195cmの長身を活かしたディフェンス。長い足を活かしたスライディングタックルは強烈。A代表での経験もあり、このチームの中心となるに違いない。

エリック・アギーレ(背番号14)
生年月日:1997年2月23日(24歳)
所属クラブ:モンテレイ
20/21リーグ戦成績:28試合2得点4アシスト

 モレイラの下部組織出身であるエリック・アギーレは2014年にトップチームデビュー。2014/15シーズンのリーグ戦は17試合に出場2得点を記録した。その後、2016年6月にパチューカへ完全移籍。本田圭祐とともにプレーした。2016/17シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海クラブ選手権)で8試合に出場1得点2アシストを記録し、チームの優勝に貢献。2018年にはA代表デビュー。3月に行われた東京五輪北中米カリブ海予選ではU-24メキシコ代表の主将を務め、本大会出場権獲得に貢献している。左サイドバックを主戦場とするアギーレだが、右サイドや中盤でもプレーできる。この世代では中盤での出場となるだろう。判断力に優れており、的確な判断でメキシコ代表を牽引する。

アルベルト・アングロ(背番号4)
生年月日:1998年1月30日(23歳)
所属クラブ:クラブ・アトラス
20/21リーグ戦成績:28試合1アシスト

 アルベルト・アングロはサントス・ラグナの下部組織から2018年にトップチーム昇格。2018/19シーズンはリーグ戦20試合に出場。その後、レンタル移籍を経て今年からアトラスへ完全移籍となった。アングロはアトラスでリーグ戦28試合に出場1アシストを記録。そんなアングロは主に左サイドバックでプレー。すでにA代表での経験もあり、東京五輪でもその実力を発揮してくれることだろう。

ブラディミール・ロローニャ(背番号6)
生年月日:1998年11月16日(22歳)
所属クラブ:ティフアナ
20/21リーグ戦成績:24試合1得点

 ブラディミール・ロローニャはプエブラの下部組織から2018年にトップチーム昇格を果たす。1年目でいきなりリーグ戦30試合に出場し2得点1アシストを記録。2019/20シーズンからはティフアナでプレー。シーズン序盤は怪我で苦しめられたが、徐々に出場機会を与えられ主力に定着した。主戦場は右サイドバックであるが、左サイドバックとセンターバックもこなすことができる。183cmとサイズも十分で日本の左サイドは苦戦することになるかもしれない。

ホアン・バスケス(背番号5)
生年月日:1998年10月22日(22歳)
所属クラブ:プーマス
20/21リーグ戦成績:33試合1得点1アシスト

 ホアン・バスケスはこの世代の守備の要だ。CBとしてこの世代のDFラインを牽引してきた。今年3月に行われた東京五輪の北中米カリブ海予選では全試合に出場。準決勝のU-24カナダ代表戦では1ゴールを記録し、チームの優勝と東京五輪出場権獲得に貢献した。今季のリーグ戦前期は全試合に出場、後期は1試合ベンチ外だったものの、それ以外はフル出場という鉄人っぷりも発揮。185cmと高さもあり、CBとしての強さもある。メキシコのセットプレーではこの選手に注意した方が良いかもしれない。

※バックアップメンバー
アドリアン・モラ(背番号12)
生年月日:1997年8月15日(23歳)
所属クラブ:クラブ・フアレス
20/21リーグ戦成績:14試合1アシスト

 バックアップメンバーとして選出されたのが、アドリアン・モラだ。今季はデポルティーボ・トルーカで前期を過ごし、出場機会を与えられていた。しかし、レンタル移籍でモンテレイに加入するも、後期リーグ戦の出場は一度もなし。今季からはレンタル移籍でクラブ・フアレスでプレーすることが決まっている。モラは190cmと長身でCBや左サイドバックを担うことができる。出場すれば、高さと言った意味では強力な武器となる。警戒が必要だ。

MF

ディエゴ・ライネス(背番号10)
生年月日:2000年6月9日(21歳)
所属クラブ:レアル・ベティス(スペイン)
20/21リーグ戦成績:21試合0得点2アシスト

 このチームで背番号10を背負い、メキシコの将来を背負って立つと言われているのが、21歳のMFディエゴ・ライネスだ。クラブ・アメリカの下部組織から2017年3月にプロデビューを果たすと、その後のリーグ戦でも出場機会を積み重ね主力に定着。そして2019年1月にレアル・ベティスに完全移籍で加入となった。ベティスでは主力に定着しているとは言えないが、実力は十分。A代表でも出場経験があり、この世代ではエースとしての活躍が期待される。両ウィング、トップ下など攻撃的なポジションを担うライネスはこのチームでは右ウィングでプレーすることになるだろう。ライネスは167cmと小柄ではあるものの、ドリブルが得意で”メキシコのメッシ”と称されるほどだ。抜群のテクニックを誇り、ドリブルを武器に相手を翻弄する。東京五輪で躍進できるか注目の逸材だ。

ロベルト・アルバラート(背番号21)
生年月日:1998年9月7日(22歳)
所属クラブ:クルス・アスル
20/21リーグ戦成績:27試合3得点4アシスト

 所属するクルス・アスルの23年半ぶりの優勝に貢献したのがロベルト・アルバラートだ。前期リーグ戦は出場機会が少なかったが、後半戦は完全に主力に定着。前期後期合わせて27試合に出場3得点4アシストを記録した。右ウィングが主戦場となるが、トップ下やサイドハーフ、セカンドストライカーの役割も担うことができる。緩急を使ったドリブルはアルバラードの持ち味で裏への一瞬のスピードで相手を置き去りにすることができる。また、テクニックもありシュートのみならず、サイドからのパスやクロスでチャンスを演出できるのも魅力的だ。スペインメディアの『マルカ』が「天から送られた宝石」と称するほどの逸材である。

ウリエル・アントゥナ(背番号15)
生年月日:1997年8月21日(23歳)
所属クラブ:グアダラハラ
20/21リーグ戦成績:32試合4得点6アシスト

 サントス・ラグナの下部組織出身であるウリエル・アントゥナは2017年7月にマンチェスター・シティへ完全移籍。そのまま同年8月にオランダ1部のフローニンゲンへ2年間のレンタル移籍となった。しかしトップチームでの出場が限られ、2019年1月にアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーへ1年間のレンタル移籍となり、同年10月にシティとの契約を2022年夏まで延長。MLSでは31試合に出場6得点6アシストを記録し、復調の兆しを見せた。だが、2019年11月にシティで1試合も出場することなく、グアダラハラに完全移籍となり母国復帰。スピードのあるアントゥナはドリブルでチャンスを作ることができ、オフザボールの動きも優れている。また、懐が深く相手のファールを誘うことも上手い選手だ。

セバスティアン・コルドバ(背番号17)
生年月日:1997年6月12日(24歳)
所属クラブ:クラブ・アメリカ
20/21リーグ戦成績:28試合7得点3アシスト

 メキシコの名門クラブ・アメリカ下部組織出身であるセバスティアン・コルドバは、トップチームで出場機会を与えられず。アレブリヘス・デ・オアハカへレンタル移籍するも、2016/17シーズンは1試合の出場にとどまった。その後、クラブ・アメリカ復帰となるが、トップチームで出場機会がない日々が続く。そして2018年にはクルブ・ネカクサへレンタル移籍し、再起を誓う。そして復帰となった2019/20シーズンは主力に定着し、リーグ戦22試合3得点3アシストを記録。今季は同28試合7得点3アシストと攻撃陣を牽引した。また、東京五輪の北中米カリブ海予選では4試合に出場し、初戦のU-24ドミニカ共和国代表戦のハットトリックを含む4得点2アシストを記録。メキシコ代表の東京五輪出場権獲得に貢献した。この世代ではトップ下でプレーすることが多いが、両サイドでプレーできるウィンガー。足元の技術も優れており、非常に危険な存在である。

ホセ・ホアキン・エスキベル(背番号16)
生年月日:1998年1月7日(23歳)
所属クラブ:クラブ・フアレス
20/21リーグ戦成績:21試合0得点0アシスト

 パチューカの下部組織出身であるホセ・ホアキン・エスキベルは2016年9月にトップチームデビュー。その後、レンタル移籍でクラブを転々とし、2019年にレンタルで加入したクラブ・フアレスで今季序盤は苦戦したものの、最終的には主力として21試合に出場した。各年代別のメキシコ代表でプレーしているエスキベルは2015年のCONCACAF U-17選手権に主将として出場。優勝とU-17ワールドカップ出場に貢献した。このチームではボランチでプレーし、東京五輪出場権獲得にも貢献している。

カルロス・ロドリゲス(背番号8)
生年月日:1997年1月3日(24歳)
所属クラブ:モンテレイ
20/21リーグ戦成績:32試合1得点2アシスト

 カルロス・ロドリゲスはモンテレイの下部組織から2016年にプロデビュー。最初のシーズンはリーグ戦の出場はなし。すると2017/18シーズンはレンタル移籍となり、セグンダ・ディビシオンB(3部相当)のCDトレドでプレー。30試合に出場3得点を記録し、主力として活躍したことで翌シーズンはモンテレイに復帰。2019/20シーズンは公式戦40試合に出場3得点6アシストを記録し、チームの3冠獲得に貢献した。ロドリゲスはこの世代の中心として活躍し、東京五輪の北中米カリブ海予選に全試合出場。1得点2アシストで東京五輪への出場権獲得に貢献した。A代表でもプレー経験のある同選手は、最近では代表でも主力に定着しつつある実力者だ。中盤の底やセントラルミッドフィルダーとしてもプレーでき、ポリバレント性もある選手である。

ルイス・ロモ(背番号7)
生年月日:1995年6月5日(26歳)※OA
所属クラブ:クルス・アスル
20/21リーグ戦成績:29試合2得点10アシスト

 オーバーエイジ(OA:25歳以上)での選出となったのがルイス・ロモである。過去にはクルス・アスルの下部組織でもプレーしていたが、2018年7月にケレタロFCからトップチームデビューを果たすその後、クルス・アスルへ復帰となり、今季はリーグ戦29試合2得点10アシストを記録。二桁アシストを記録し、チームの優勝に貢献した。A代表常連のロモは、中盤の底やセントラルミッドフィルダーでプレーできる。中盤3枚がどんな形であれ、一定の実力が出せる選手だ。フィジカルが強く、中盤で相手の攻撃を摘み取ることができる。昨年11月に行われた日本代表との試合ではフル出場を果たし、日本の中盤を苦しめた。OAとして、この世代の中心となれるだろう。U-24日本代表はこの選手にも警戒したい。

※バックアップメンバー
リカルド・アングロ(背番号19)
生年月日:1997年2月20日(24歳)
所属クラブ:グアダラハラ
20/21リーグ戦成績:34試合6得点3アシスト

 バックアップメンバーとして選出されたのがリカルド・アングロ。バックアップメンバーであろうとも、実力のある選手を揃えてくるのはさすが優勝候補の一角といったところだろう。今季はグアダラハラでリーグ戦全34試合に出場6得点3アシストを記録。すでにA代表デビューを果たしているアングロは、東京五輪の北中米カリブ海予選も全試合に出場。U-24メキシコ代表として臨んだ6月の代表戦では3試合中2試合にスタメン出場を果たした。アングロの主戦場は左ウィングだが、右ウィング、トップ下、さらにはセントラルミッドフィルダーでもプレーできる選手だ。複数ポジションをこなせる同選手に出番が回ってくる可能性はあるだろう。

※バックアップメンバー
フェルナンド・ベルトラン(背番号20)
生年月日:1998年5月8日(23歳)
所属クラブ:グアダラハラ
20/21リーグ戦成績:28試合0得点1アシスト

 フェルナンド・ベルトランもバックアップメンバーとしてU-24メキシコ代表に選出された。グアダラハラの下部組織出身である同選手は2017年7月にトップチームデビュー。その後は中々出場機会を与えられず。それでも、リーグ後期の終盤はスタメンの機会が増えた。その後クラブでの活躍が認められると、昨年10月のグアテマラ代表戦でA代表デビューを果たす。ベルトランはボランチやセントラルミッドフィルダー、さらにはトップ下でプレーすることができ、どのフォーメーションにも対応できる。まだ、A代表では2試合にしか出場しておらず、今後の活躍で巻き返しをはかりたいところだろう。果たして、東京五輪で出場機会は訪れるだろうか。

FW

アレクシス・ベガ(背番号11)
生年月日:1997年11月25日(23歳)
所属クラブ:グアダラハラ
20/21リーグ戦成績:29試合4得点10アシスト

 アレクシス・ベガはA代表でもプレーするFWだ。今年3月に行われた東京五輪の北中米カリブ海予選では全試合に出場し1得点2アシストの活躍。主力としてプレーし、U-24メキシコ代表の東京五輪出場権獲得に貢献した。今年6月の強化試合でも全3試合に出場しており、この世代の主力であることは間違いないだろう。クラブでは今季リーグ戦29試合4得点10アシストを記録。二桁アシストでサイドから多くのチャンスを作った。ベガは決定力もあるが、両ウィングでもプレーできアタッカーとしてチャンスも演出することができる。さらにはトップ下でもプレー可能。非常にポリバレント性のある選手だ。U-24日本代表はこのアシストマシーンにも警戒が必要となるだろう。

エンリ・マルティン(背番号9)
生年月日:1992年11月18日(28歳)※OA
所属クラブ:クラブ・アメリカ
20/21リーグ戦成績:30試合14得点3アシスト

 エンリ・マルティンはギジェルモ・オチョア、ルイス・ロモとともにオーバーエイジ(OA:25歳以上)枠での選出となった。現在はメキシコの名門クラブ・アメリカでプレー。今季は1年を通して主力として活躍。リーグ戦30試合に出場し、二桁得点の14得点を記録した。まだA代表では8試合の出場のみ。この世代ではFW陣を引っ張る働きを期待され、東京五輪で活躍することで今後の出場機会にも繋がるだろう。メキシコリーグで発揮した決定力を本大会でも見せることができるだろうか。

エドゥアルド・アギーレ(背番号18)
生年月日:1998年8月3日(22歳)
所属クラブ:サントス・ラグーナ
20/21リーグ戦成績:30試合3得点1アシスト

 サントス・ラグーナ下部組織出身のエドゥアルド・アギーレは2017年にトップチームへの昇格を果たす。だが、すぐにはトップチームで定着することができず。ハイボス・タンピコ・マデロにレンタル移籍。その後徐々に出場機会を重ね、今季は30試合3得点1アシストの活躍を果たした。各年代別のメキシコ代表には選出されていたが、まだA代表での経験はない。東京五輪で活躍し、A代表定着を狙いたいところだろう。センターフォワードとして得点を量産できれば、飛躍も期待できるだろう

予想スタメン

▽GK
ギジェルモ・オチョア

▽DF
ホルヘ・サンチェス
セサル・モンテス
ホアン・バスケス
アルベルト・アングロ

▽MF
ルイス・ロモ
エリック・アギーレ
セバスティアン・コルドバ

▽FW
ディエゴ・ライネス
エンリ・マルティン
アレクシス・ベガ

▽監督
ハイメ・ロサーノ

text by 編集部