インド・ムンバイの記者クラブの前に飾られた、アフガニスタンで取材中に亡くなったロイター通信のフォトグラファー、ダニッシュ・シディクイ氏の写真(2021年7月17日撮影)。(c)Punit PARANJPE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ロイター通信(Reuters)のフォトグラファーで、優れた報道に贈られる米ピュリツァー賞(Pulitzer Prize)を受賞したダニッシュ・シディクイ(Danish Siddiqui)氏が16日、アフガニスタンで戦闘の取材中、死亡した。ロイターが、アフガニスタン軍司令官の話として報じた。

 司令官によると、パキスタンとの国境にあるスピンボルダク(Spin Boldak)で、検問所の奪還を目指す政府軍と旧支配勢力タリバン(Taliban)との戦闘中に、シディクイ氏と軍高官が殺害された。

 ロイターによると、シディクイ氏はインド国籍で、先週からカンダハル(Kandahar)で、アフガン軍の特殊部隊に同行していた。

 シディクイ氏は、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)難民問題に関する報道で、2018年にピュリツァー賞の特集写真部門を受賞したチームの一員だった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
タリバン、アフガン西部州で停戦合意
アフガン・パキスタン国境、400人が突破試み 警備隊が催涙ガス使用
撤退する米軍と後に残る廃品の山 アフガニスタン