「オバマ元米大統領は暗殺を恐れていた」米映画監督が仏カンヌで持論

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 米国のオリヴァー・ストーン監督が仏カンヌ国際映画祭の記者会見に臨んだ
  • オバマ元米大統領は在任中、暗殺されることを恐れていたと思うと持論を展開
  • 黒人初の大統領であるために暗殺されることを懸念していたと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x