今週公開となる『ブラック・ウィドウ』
 - (c) Marvel Studios 2021

写真拡大

 マーベル映画『ブレイド』(1998)に出演した俳優スティーヴン・ドーフが、マーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』を「俺にとってはゴミみたいな作品。できの悪いビデオゲームみたいだ」と、The Independent のインタビュー内で痛烈に批判した。

 『ブレイド』で主人公と敵対するヴァンパイア、ディーコン・フロストを演じたスティーヴン。マーベル映画に出演した過去がある彼だが、同サイトのインタビューで「俺は今でも良作をあさっているよ。『ブラック・ウィドウ』には出たくないからね」と切り出すと、「俺にとって、あれはゴミみたいな作品。できの悪いビデオゲームみたいだ。出演者はもちろん、(主演の)スカーレット・ヨハンソンを恥ずかしく思う」と批判。「どうせ彼女は500〜700万ドルの出演料をもらっている。彼女が恥ずかしく見える。そのような類の映画には出たくないし、俺は次世代の(スタンリー・)キューブリックとなる若手監督を探して、その人のために演じるよ」と厳しい言葉を放っている。

 また、スティーヴンは『ブラック・ウィドウ』だけでなく、今年4月に行われた第93回アカデミー賞授賞式についても失望したという。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年より小規模だった授賞式を「今年のオスカーは今まで観た中で最も恥ずかしい内容だった」と表現。「映画産業は大きなゲーム番組になりつつある。自分が何をしているかわからない俳優と映画監督ばかりで、映画・テレビドラマが詰まった配信サービスという小さな箱は、今やめちゃくちゃなコンテンツになっている」と続けた。

 『ブラック・ウィドウ』は、アベンジャーズの一員として活躍する女性スパイ、ナターシャ・ロマノフの知られざる過去と秘密に迫る単独映画。7月8日より劇場公開され、翌日9日よりディズニープラスのプレミア アクセスでも配信となる。また、スティーヴンが出演していた『ブレイド』は現在、マーベル・スタジオ製作よる再映画化が進められている。(編集部・倉本拓弥)