「教科書のようなバント」と敵地記者から絶賛された【写真:Getty Images】

写真拡大

第1打席で特大24号、第2打席は絶妙なセーフティーバント成功

 米大リーグ、エンゼルス大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で24号本塁打を放つと、3回の第2打席では一塁前に絶妙なセーフティーバントを成功させた。実際の映像をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。敵地タンパベイの記者からも「教科書のようなバント」「なんて完璧な選手なんだ」と拍手が送られている。

 こんなこともできるのが大谷だ。看板を越える豪快な先頭打者弾の次の打席で、今度は絶妙な小技で魅せた。1点を追う3回無死二塁。1ストライクからの2球目、左腕フレミングの内寄りのファストボールに対し、バットを横に倒した。一塁線へ絶妙なセーフティー。一塁手が捕球するも、投手のベースカバーは間に合わない。大谷は快足を飛ばし、悠々一塁を駆け抜けた。

 敵地の記者も大谷のバント安打に驚きを隠せないようだ。地元紙「タンパベイタイムズ」のジョーイ・ナイト記者は「フレッチャーの二塁打に続き、オオタニが教科書のような一塁線上へのバントを決めた。このバントは専門家の講義で扱われるべきだ」とツイート。最大限の賛辞を送っている。

 また同紙のマーク・トプキン記者も自身のツイッターで「オオタニはなんて完璧な選手なんだ。初回の巨大本塁打の後にはバント安打を放った」とナイト記者に同調。“完璧な選手”と最敬礼だった。(THE ANSWER編集部)