2014年に2歳児が病院で死亡、医師の過失認める「幸せは全て壊れた」

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 東京女子医大病院で2014年、2歳児が鎮静剤を大量投与された後に死亡した
  • 両親は損害賠償を求め提訴し、東京地裁は24日の判決で医師の過失を認めた
  • だが父親は「判決には満足しているが、幸せは全て壊れてしまった」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x