競走馬を擬人化したコンテンツ「ウマ娘」。以前はアニメ版も放映されていたが、その中で大きな反響を呼んだエピソードがある。「サイレンススズカ」の復活劇だ。

 ウマ娘のサイレンススズカは天皇賞・秋に挑むと、超ハイペースで飛ばし、ライバルを引き離していく。勝利は確実と思われたが、その瞬間に骨折して競走を中止。最悪の事態は免れたが、復帰は絶望的。しかし、長期間のリハビリを敢行し、1年1カ月ぶりの復帰戦で勝利を飾った。


1998年GI宝塚記念で最初から全速力で走り優勝したサイレンススズカ

 このエピソードは、かつての競走馬・サイレンススズカをベースにしたものだが、現実は「復活」とはならなかった。20年を超えても消えない、競馬史に残る悲劇と言える。しかし、その悲劇をウマ娘では復活劇に変えたことで、話題となった。

 1997年に4歳(現3歳)でデビューした競走馬のサイレンススズカは、大物と騒がれたが、その才能がなかなか勝利に結びつかなかった。デビュー2戦目の舞台では、スタート前に暴れてゲートをくぐり、またその後のスタートで大きく出遅れたのは有名な話。

 序盤から先頭に立ってペースを握る「逃げ」の競馬がこの馬のスタイルだが、4歳時は後ろに控えるレースを試みたり、逃げても最後は止まったりというレースが多かった。

 しかし、ある出会いをきっかけに、サイレンススズカは真価を発揮する。武豊とのコンビ結成だ。この人馬で挑んだ最初のレースは5着に敗れたが、武豊はそのとき、サイレンススズカの類いまれな能力を確信。その能力を引き出す方法も見つけたという。それは、スタートからこの馬を解放すること。人間がペースをコントロールしすぎず、自由に走らせてあげることだ。

 サイレンススズカは、走るのが大好きな馬。普通、こういう馬を自由に解き放てば、オーバーペースになる。だからこそ、騎手がペースをコントロールする。しかし、武豊はたとえ前半でペースが早くなろうとも、サイレンススズカのリズムで走らせたのである。

 これが正解だった。5歳(現4歳)となった1998年、くすぶっていた大物は、歴史に残る走りを見せる。スタートすると、栗毛の鮮やかな馬体がスッと先頭に立つ。そこでペースを緩めず、さらに後続を引き離していく。レースによっては、後ろを1秒以上、何十メートル離すことも珍しくない。サイレンススズカは2000m付近のレースを主戦場にしたが、この距離では、通常、前半1000m57秒台なら相当なハイペース。普通そのラップでいけば失速のリスクがあるが、サイレンススズカは止まらなかった。むしろ、後半で突き放してしまうのである。

 こうしたスタイルを手に入れたサイレンススズカは、この年、圧勝に次ぐ圧勝を決める。まずは2月から3連勝。4連勝目のGII金鯱賞(中京・芝2000m)では、G鞠呂發い訝罎如∈能蕕ら飛ばしに飛ばし、他馬をはるか後方に突き放す。3コーナーではひと息入れて、また再加速。その結果、2着に1秒8の大差をつけて圧勝した。

1分57秒8の勝ちタイムはレコード。2着馬は10馬身以上後ろにいた。最初からあのペースで飛ばして、そのままバテないなら、他の馬は勝つ術がない。1頭だけ違う次元にいるようだった。

 続いて挑んだのが、1998年のG喫塚記念(阪神・芝2200m)。連勝中とはいえ、今度の舞台はG機さらにこの日、武豊は先約のエアグルーヴ(G議婿撮仮 傍馨茲垢襪海箸砲覆辰拭こういった不安要素がありながら、サイレンススズカは1番人気に支持された。

 代打騎乗となったベテランの南井克巳を背に、いつもどおりスタートからマイペースに飛ばしていく。騎手が押して先頭に導くわけではない。無論、抑えることもない。サイレンススズカの思うままに、先頭に立つ。

 ただ、4コーナーでは大きく離していたリードがみるみる詰められた。一瞬、不安がよぎったものの、そこからもう一度加速。最後は迫り来るライバルを4分の3馬身振り切ったのだ。

 こうしてG汽織ぅ肇襪鮗融澆瓩織汽ぅ譽鵐好好坤。だが、それ以上に印象深いレースがある。次走のGII毎日王冠(東京・芝1800m)だ。GII戦であり、本来ならその後に控える大レースの"前哨戦"という位置づけだが、全国の競馬ファンが熱狂した。

 なぜなら、夢の対決が実現したからである。

 この年、サイレンススズカのひとつ下の世代に、恐ろしい怪物が2頭いた。1頭はエルコンドルパサー。デビューから5連勝で同世代のG気鮴覇。のちにヨーロッパへ長期遠征し、世界最高峰とされる凱旋門賞で2着に健闘した馬だ。

 もう1頭はグラスワンダー。こちらもデビューから4連勝で同世代のG気鮠〕。その後、骨折を経て挑んだ毎日王冠だった。同馬も、のちにG気鬘海沈している。

 いずれも、いまだ負けなし。それも圧勝の連続だった。その2頭が、5連勝中のサイレンススズカと対決する。東京競馬場の観客は13万人。G気里茲Δ癖薫狼い任△襦

 そして当日のレースは、見た人の心に一生残る衝撃を与えた。といっても、3頭の大熱戦が展開されたわけではなく、サイレンススズカのあまりの強さに衝撃を受けたのだ。

 いつものように栗毛の馬体が先頭に立ち、自分のペースで進んでいく。1000mは57秒7。サイレンススズカのペースだ。4コーナーを迎えると、グラスワンダーが一気に上がる。エルコンドルパサーはまだ仕掛けない。湧き上がる歓声。直線ではどんな攻防が繰り広げられるのか。期待は膨らんだ。

 しかし、誰もサイレンススズカの影を踏むことはできなかった。それどころか、馬上の武豊はムチさえ抜かなかった。エルコンドルパサーが2馬身半差の2着になるのが精一杯。サイレンススズカの完勝だった。

 一戦のみで3頭の勝負が決着したとは言えない。ただ、無敗の怪物2頭をあっさり負かしたサイレンススズカの強さは、受け止めるのに時間がかかるほどだった。このとき、実況が叫んだ「どこまでいっても逃げてやる」というフレーズに、多くの人が共感したことだろう。

 どこまでいっても、どんな相手が来ても、永遠にこの馬には追いつけない。確かにそう感じるレースだった。あの武豊が、のちに「世界一強いと思った」「サラブレッドの理想」とこぼしたのである。

 だからこそ、続くG掬傾直沺秋(東京・芝2000m)には多くの視線が注がれた。忘れもしない1998年11月1日。1枠1番サイレンススズカ。奇妙なくらい1が並んだ。

 ほとんどの人が、どんな勝ち方をするのか、どれだけ引き離してゴールするのか、そればかり考えていたこのレース。強い西陽を受けながら、サイレンススズカはいつもどおり颯爽と逃げた。前半1000mは57秒4。テレビで全馬の位置を正確に把握できないほど、栗毛の馬体は後続を引き離した。

 そして4コーナー手前。誰もがサイレンススズカの勝利を確信し、カメラがその主役を捉えた瞬間、ガクンとサイレンススズカの体がよろめいた。武豊はすぐに手綱を引き、必死にコースの外側へと誘導する。はるか後ろにいた馬たちが、一瞬で栗毛の馬体をかわしていった。骨折による競走中止だった。

 競馬を見ている人の多くは、すぐに大きなケガだと感じたはずだ。復帰はできなくとも、命だけは助かって欲しいと思った。しかし、症状は重く、安楽死となったのである。

 この日以降、しばらく競馬から離れた人もいるかもしれない。11月1日を迎えると、今でもあの悲劇がよみがえる人もいるだろう。その後、武豊はしばらく、サイレンススズカについて語るのを避けたと言われる。

 翌年の宝塚記念では、実況を務めた杉本清アナウンサーが「今年もあなたの、私の夢が走ります。私の夢はサイレンススズカです。もう一度この舞台で走って欲しかった」と伝えている。そしてレースを制したのは、毎日王冠で戦ったグラスワンダーだった。

 何年経っても、その悲しみはなかなか消えない。それでも20年以上が経過した今、悲劇だけではなく、その勇姿を思い出したいと思う。天皇賞・秋の涙以外に宝塚記念や毎日王冠での歓喜を語り継ぐのも、今できることかもしれない。

 サイレンススズカが制したG機∧塚記念。その一戦が来る前に、久々にあの走りを思い出してみたい。