気合十分のFWオナイウ阿道(手前)だったが…

写真拡大

【目撃】男なら目をそむけたくなる…なんとも痛そうなアクシデントに見舞われたのは、日本代表FWオナイウ阿道(25=横浜M)だ。

 FW大迫勇也(ブレーメン)の負傷離脱によって追加招集されたオナイウは、国際親善試合セルビア戦の後半から途中出場。不屈の精神で果敢にゴールを狙ったのだが…勢いがありすぎたのか、ゴールポストに股間を直撃させてしまった。

 その後ダメージも感じさせず、悔しそうに起き上がったからひと安心。ともあれ、ハッスルし過ぎには気をつけてほしいところです。(6月11日、ノエスタ)