中日・大野雄大

写真拡大

◆ 堂上直倫が4安打1打点の活躍

 中日の大野雄大投手が11日の西武戦に先発登板し、7回を5安打3失点にまとめ、今季3勝目を手にした。

 中日は初回、2回と走者を出しながら併殺により好機を逸したが、3回に先頭の郄松渡がヒットを放ち出塁すると、盗塁を決めて無死二塁に。すると1番・大島洋平がセンター前に弾き返して先制。さらに大島も盗塁を決めると、堂上直倫が2打席連続のヒットで繋ぎ、高橋周平の犠飛で加点した。

 4回にも先頭の木下拓哉がヒットで出塁し、ここから山田遥楓の捕球ミス、山川穂高の送球ミス、呉念庭のフィルダースチョイスと、西武の守備の乱れに乗じて2点を加え、堂上の3安打目となる適時打でリードを5点に広げた。

 投げては大野雄が、4回まで栗山巧のヒット1本のみという安定したピッチングを披露。5回に無死一塁から山川に2ランを打たれたが、後続を抑えて勝利投手の権利を得た。7回にも西武のミスから1点を加え、その裏には二塁打と内野ゴロで一死三塁となり、犠飛で3点目を失ったが、7回を115球、5安打1四球の3失点に抑えた。

 その後、中継ぎ陣が捕まり1点差に追い上げられると、9回も又吉克樹がピンチを迎えたがリードを守り抜き、1点差で逃げ切った。交流戦2試合を残して9勝5敗とした中日は、7年ぶりとなる勝ち越しを決め、首位オリックスを「0.5」差で追走。さらに又吉は、今季の交流戦で7セーブ目を挙げ、18試合制での最多セーブ数に王手をかけた。