ドラガン・ストイコビッチ監督(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大

日本代表は11日、セルビア代表と親善試合を行い、後半CKから伊東純也が練習どおりにゴールで先制するとそのまま1点を守り切って1-0の勝利を収めた。

試合後、セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督はオンライン記者会見に「すぐにうちに帰りたいです。ホテルから外に出られないのは異常な状態でした」と登場したが、「今日の勝敗については日本チームに対しておめでとうと言います」と日本を褒め称えた。

もっとも今回、セルビアは主力がケガで来日できなかったり、この試合が代表デビューとなる経験の浅い選手がいたりと、本来の姿とは言い難い状況だった。

「若手にチャンスを与えたのは監督としてはよかった。しかしそのために全体のレベルが高いところに行かず、日本に勝てなかったのは残念だった。今回招集できなかったメンバーを加えた代表チームだったら、おそらく結果は違っていたことでしょう」

「我々にとって本番というのは9月のワールドカップ予選で、それまでにチームを仕上げるというのが私の目標です」

かつて名古屋グランパスではプレーヤーとしてJリーグMVPを獲得するだけではなく、監督としてもチームを優勝に導いたストイコビッチ監督は、言葉を選びながらも日本にいた当時の負けず嫌いそのままのコメントを残した。

知り合いの記者が慰めるために「監督がチームに入っていたら違ったのではないか」という質問をすると、監督は「それはそうかもしれません」とプライドを見せつつ、「この歳だからもう走れませんよ」と笑顔になっていた。
【テキスト:森雅史/日本蹴球合同会社 撮影:岸本勉/PICSPORT】