4戦連発で千葉をけん引! 見木友哉「信頼してくれたクラブにプレーで恩返しを」《5月 J2月間MVP》

写真拡大

5月の『明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP』が発表され、J2はジェフユナイテッド千葉に所属するMF見木友哉が受賞した。5月は3勝2分け1敗で白星が先行。見木は第13節のファジアーノ岡山戦から4試合連続ゴールを記録し、その間は無敗と千葉をけん引した。

取材・文=三島大輔

――5月の『明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP』受賞おめでとうございます! 5月は4試合連続ゴールを含む4得点2アシストという活躍でした。
見木 率直に嬉しいですし、チームメイトのおかげで受賞できたので感謝したいと思います。5月に入るまでは1得点だったので、岡山戦で久しぶりにゴールを取れて気持ち的にも余裕ができました。4試合連続ゴールは良かったですけど、引き分けも多かったので勝ち切ってもっと上位に食い込めればとは思っています。

――4月までは黒星が先行していましたが、5月は立て直しに成功しました。開幕期と比較して、どのあたりが改善されたのでしょうか?
見木 守備の安定はポイントの一つとして挙げられると思います。ただ、守備だけではなく、攻撃も良くなった実感があります。攻守両面でレベルアップできたので、それが5月の好成績につながったと思います。

――栃木戦から3バックにトライしています。試合後、尹晶煥監督は「矢野貴章選手を生かしたロングボールが多いので、そこで押されてはいけない」と“矢野対策”が理由だと話していました。
見木 紅白戦ではいつも通り4バックでやっていたのですが、矢野選手役のFWに結構やられまして……。急きょ3バック、守備時は5バックの布陣に変更しました。栃木戦後「また4バックに戻るのかな?」と思いましたが、3バックを継続して今はいい成績につながっているので良かったと思います。

――ただ、システム変更から結果が出るまで少し時間は掛かりました。
見木 ホームでの相模原戦は勝たなければいけない試合だったと思います。ですが、守備の安定感という意味では4バックの時よりも「良くなっている」という話を選手間でもしていたので、そこに対するブレはなかったと思います。今では『5-3-2』や『5-2-3』、引いて守る時は『5-4-1』だったり、そういった戦術の柔軟性もあります。ハイプレスに行く時、行かない時の使い分けにもなっているので、そこは続けていきたいところです。

――見木選手はシステム変更に伴い、主に2シャドーの一角を担うようになりました。よりゴール前で勝負できるようになったことが得点増の要因なのでしょうか?
見木 ゴールにより近いところでプレーできていることは結果につながっている理由だと思います。開幕した頃は中盤2列目やトップ下でしたが、今のシャドーポジションだと攻撃時は『3-2-4-1』の形になります。逆サイドのウイングバックが空いているのは感じますし、そこにボランチが関わると4バックの時よりも攻撃に厚みが出てくる。4試合連続ゴールは自分の中でも驚きですが、通算5得点はある意味必然だとも感じています。

――ちなみに見木選手は戦術系の話が好きだとうかがいました。よく見ているリーグや参考にしている選手はいらっしゃいますか?
見木 そうですね、海外サッカーはよく見ますし、戦術の話は結構好きですね! 一番見ているのはプレミアリーグ。マンチェスター・Cの試合はよく見ます。デ・ブライネやベルナルド・シウバ、フォーデンなんかは自分とポジションが同じなので参考にしています。

――ちなみにチャンピオンズリーグ決勝はご覧になりましたか?
見木 はい、シティには注目していたのですが、力で負けたなという感想ですね。――システムやスタイルを踏まえると、千葉はチェルシー寄りかなと思います。