オンライン会見に出席したシビサイ頌真

写真拡大

 総合格闘技イベント「RIZIN.28」(13日、東京ドーム)出場選手のオンラインインタビューが11日に行われ、シビサイ頌真(30=パラエストラ東京/巌流島)はスダリオ剛(24=フリー)との対戦を「国内ヘビー級のトップを決める試合」と位置付け、必勝を誓った。

 18年7月のRIZIN初参戦は黒星を喫したが、その後は2連勝中。スダリオについて「ポテンシャルが高くて、すごく強いい選手」と評価し、「判定はない。完全決着になる」と予想した。

 舞台となる東京ドームに初めて訪れたのは、父と一緒に巨人戦を観戦した小1の時。「まさか自分がそこで試合をするとは思ってはいなかった。舞台としては最高なので、試合をするだけで満足せず、勝って戦った証しを残したい」と意気込んだ。

 スダリオ戦に向けては「自分の持っている力を最大限に引き出すことを意識した練習」に取り組んできた。K―1やプロボクシングで活躍している京太郎とのスパーリングも実施。「日本人の重量級で打撃ではトップの選手とやり合えたのは自信になった」と振り返り、「国内にヘビー級の選手は少ないけど、勝てば国内でトップだと証明できると思うので、勝って次は世界の強い選手と戦いたい」と意気込みを語った。

 試合はRIZIN MMAルール5分×3R(※肘あり)120キロ契約で行われる。