ライブドアワイアレスの基地局(資料写真:吉川忠行)

写真拡大

銀座ルノアール<9853>は2日、公衆無線LANサービスの無線基地局設置で、ライブドア(本社・東京都港区、山崎徳之代表取締役)と提携したと発表した。今回の提携により、今年10月末までに銀座ルノアールが運営する都内の直営店で、ライブドアワイアレスを通じて無線LANインターネットが利用できるようになる。

 ライブドアワイアレスは、定額制で高速インターネットを利用でき、東京都の山手線圏内2200カ所のアクセスポイント設置を目指している。有料会員数は今年3月時点で1万人弱で、今回の提携で、新規契約者の増加を見込む。

 銀座ルノアールは、両者の主要顧客であるビジネス層を取り込みたいとしており、店舗にネットインフラを完備することで、来店者の満足度アップなどを図りたい考えだ。【了】

■関連コンテンツ
livedoor Wireless